愛されて使われることが開発者冥利に尽きる

製品設計部
釜井智浩

Bambooシリーズとは

Bambooはどなたにでも幅広く使っていただける製品シリーズ です。スタイラスペンやタッチパッド、ソフトウェアも含め て、数多くのラインアップを揃えて、“紙に書く/描く”こ との色々なニーズに応えることを目標にしています。私はこ ちらの機構開発に関わっています。


求められるBambooへ

このBambooはプロ向けではない製品なので、設計思想がプロ 向けの商品とは少し異なっています。もちろん性能や機能は 大切ですが、そのために大きくなってしまったり重くしたり するわけにはいきません。高機能を求めることは簡単です が、そのために大きくなったり コストが高くなってしまった りするのは、Bamboo製品のユーザーが求めているものとは違 っている気がします。そしてもちろん、多くの方々に親しん でお使いいただくためのデザインや使い勝手の部分もとても大切だと考えています。

バランスに挟まれて

Bamboo Padの開発にあたって一番気を遣ったのは、デザイン と機構/機能とのバランス、そしてその上でどのように使い 勝手の良さを実現するかという部分でした。私は製品の外側 を担当する立場なのですが、そうですね、ひとことで言う と、なかなか大変でしたね(笑)。どんな基盤(ICチップな ど)が中に入るかが決まらないとデザインは決まらないし、 デザイナーの側からもいろいろな提案が出てきます。そのバ ランスがなかなかに難しい。

Bamboo Stylus feelの
書き味開発

Bamboo Stylus feel製品のペンの開発にもかなりの手間が掛 かりました。われわれはこれを「Wacom feel IT technologies」と呼んでいるのですが、“紙に書く”感覚を 実現するためには、握ったときの持ち心地、書き味といった 部分がとても大切なものになります。たとえば摩擦の量と描 きやすさとの関係は、人によってかなり違います。ペンが滑 りやすいほうがいいのか、ちょっと引っかかるくらいがいい のか。硬い感触と柔らかい感触のどちらがいいのか……。

研究成果をもとに

ペン先がゴムのBamboo Stylusシリーズにおいても、それは 同様に 感覚的なもので、データにすることがとても難しい部 分があります。その微妙かつ適切なところをつかむために、 試作品ができあがってくるたびに社内で試し、アンケートを 採って研究をします。さらに外観や感触の部分はもちろん、 構造や機能面についても考えないといけません。総合的な試 行錯誤とテストを繰り返し、ようやくそのときの答えが出て くる。その研究結果から、6mm径のペン先ゴムについては柔 らかいものと硬めのものの2種類を用意することにしまし た。また、さらに試行錯誤を重ね、最新のBamboo Stylus solo, Bamboo Stylus duoについてはペン先の径を1mm小さ くしたものを採用できるようになりました。

文具としてのBambooを
実現するために

また、Bambooシリーズは“書く/描く”ための道具なので、 文具という側面もあります。文具としての完成度を高めるた めには、文具を専門に製造されている工場のご協力も不可欠 でした。“書く/描く”という行為は、一見非常に単純なも のに思えるのですが、その感覚をきちんとデジタルで実現す るためには、機構面やソフトウェアの面はもちろんのこと、 アナログも含めた様々な面からのアプローチが必要になるわ けですね。

生産準備!

様々な試行錯誤を経て、仕様や機構、デザインが定 まってくると、それを生産するための準備に入るこ とになります。この段階になると、世界各地にある 工場への出張が一気に増えます。現地で仕様の説明 をし、サンプルを持ち帰ってチェックし、また工場 に行き……と、なかなかハードな日々が続きます。 いや、最初から結構ハードな作業が続くので、さら にハードになるというのが正直なところかもしれません(笑)。

開発者の喜びとは

ようやく製品が出来上がり、市場に自分たちが苦労して作り 上げた製品が流通すると、さすがに嬉しいものがあります。 自分たちが開発した製品が愛されて使われているのを見るこ とは、開発者冥利に尽きるというものです。このBambooも、 もっと広く、より多くの人びとに使っていただきたいです し、開発者としてはその姿を見てみたい。特にBambooのよう な製品は、より広く受け入れられてこそ意味があると思って いますので。

Bambooの未来に向けて

われわれ開発者としては、いつもユーザーの皆さんの声を広 く聞かせてほしいと思っています。実際、このBambooに関す るアンケートを見たりすると、皆さんそれぞれで、いろいろ な使い方をしてくださっているようですね。こちらが想像も しないようなものも多くあってとても面白く、大変に刺激に なります。今後もユーザーの方々のニーズを反映させた、よ りよい製品を作っていくつもりです。もちろん、Bambooの未 来にも期待してほしいと思いますね。宜しくお願い致します。

Back to top
A+ A-