clipboard

 

紙のワークフローを新次元へ。

ワコム クリップボード PHU-111を使用すればいつでも紙の帳票に記入するようにデジタル入力することができます。では紙に記入するのと何が違うのでしょうか? 書類はリアルタイムでデジタルフォーマットに変換され、簡単に管理できるようすぐにアップロードができます。さらにスキャンする必要がなく、 生体情報を含む手書きの電子サインをキャプチャしてデジタル書類に添付することができます。

PHU-111 主な機能と特長:

  • オーサリングツールにより、書類のフォームのレイアウトと、対応するデジタル帳票の作成が簡単に行えます。
  • スマートパッドに組み込まれているバーコードスキャナーにより、簡単に紙の帳票を電子帳票に同期することができます。
  • 電子クリップボード上に使い慣れた紙のフォーム(A4またはレターサイズ)と同じ書式で記入することができます。
  • セキュアな生体情報を含む電子サインを電子帳票に入れることができます。
  • 手書きのデータをキャプチャし、手書き認証を使用してテキスト変換することができます。
  • 簡単に電子帳票を保存してアクセスできるため、企業内のワークフロー改善に貢献します。

ワコム クリップボードの使い方
ビデオを見る ::前 ::後

ワコム クリップボードの機能と特長
ビデオを見る ::前 ::後

ワコム クリップボードのアプリケーション

ワコム クリップボードをご利用いただくために、対応する紙のフォームと電子帳票を作成し、クリップボードに書き込まれたすべての情報をデジタルにキャプチャするためのアプリケーションをご用意しています。

 


CLB Create

     紙のフォームとそれに一致するデジタル版をレイアウトし、フィールドタイプの情報を定義します(生体情報を持つサインがキャプチャされる電子サインフィールドを含む)。
     特定のバーコードを作成してフォームに適用し、紙の書類がクリップボードに差し込まれたらすぐに、それに一致するデジタル版を呼び出せるようにします。
     Windows 7/8.1/10

お問い合わせ

 


CLB Paper

     クリップボードが紙面上のバーコードを読取り、デジタル書類を検索します。
     ユーザーの入力を記録します。
     手書き文字のテキスト変換が、互換性のあるテキストフィールドに適用されます。
     iOS / Android / Windows

お問い合わせ

ワコム クリップボード ソフトウェア開発キット

ワコムは、ソフトウェア開発をされている方向けに、ワコム クリップボードのカスタムアプリケーションを独自に開発するためのSDKを提供しています。 SDKに関するお問い合わせやSDKの入手を希望される場合は、こちらをクリックしてください。

仕様

  • 外形寸法 346 x 240 x 22 mm (最大)
  • 対応用紙サイズ A4 (210 x 297 mm)、
    レターサイズ(8.5 x 11.0インチ)
  • 通信インタフェース USB 2.0 / Bluetooth 4.0
  • 動作時間(無線接続時) 8時間(標準値)
  • バッテリー充電時間 2.5時間(標準値)
  • 重さ 0.6kg
  • 筆圧レベル 1024
  • 座標分解能 2540lpi
  • 座標精度 ± 0.5mm(中央)
  • ペン読取速度 200ポイント/秒
  • ボタン 1 x マルチファンクションボタン
    USB/Bluetoothモードスイッチ
    電源ボタン
  • LEDインジケータ Bluetooth接続ステータス
    アプリケーションステータス
    バッテリーステータス
  • スピーカー あり
  • バッテリータイプ 充電式リチウムイオンポリマーバッテリー
  • 消費電力 通常の使用時: 約50mA
    通常の使用時: 充電時: 約400mA
  • 対応するバーコードタイプ インタリーブド2オブ5(ITF)
    コード128
    EAN/UPC
  • 対応する紙の厚さ 約20ページ(3 mm未満)
  • 暗号化 BT: Bluetooth 4.0
    USB: AES 256ビット / RSA 2048ビット
  • デバイスID あり
  • 読取方式 電磁誘導方式(Electro Magnetic Resonance technology)
  • 対応OS Bluetooth®対応のiOSまたはAndroidスマートフォン、 Windows 8.1/10搭載のPC
    USB- Windows 7/8.1/10搭載のPC
  • インクペン(コードレス・バッテリーレス) あり
  • ペンホルダー ペンコンパートメント付属
  • ペン紛失防止ケーブル あり
  • インクカートリッジタイプ D1ボールペン
  • 替えインクの寿命 1,100 ~ 1,200 m (参考値)
  • アクセサリー オプションペン、ペン紛失防止ケーブル、替えインクカートリッジ、USBケーブル(3 mおよび4.5 m)、5ユニット充電ステーション
  • 提供されているアプリケーションおよびSDK CLB Create
    CLB Paper
    WILL SDK for documents
    WILL SDK for devices
詳細を見る
表示を減らす

FAQs

No, it does not have on-board memory and data is not stored on the Wacom Clipboard device.

CLB Create (Windows) is available from Wacom Marketplace. CLB Paper (Android) is available from Google Play.

Yes. When using the CLB Paper application, an alert will warn users that required fields are not filled in, but saving can still be completed. In custom applications made using the WILL SDK for devices, the alert can be kept or removed.

The Wacom Clipboard uses standard sized D1 ink cartridges. However, store-bought cartridges may not contain sufficient copper for proper conductivity. Therefore, we recommend that Wacom ink cartridges be used with the Wacom Clipboard.

Multiple devices may be connected via USB, but not via Bluetooth.

Yes, in limited cases in dry environments. However, the device is not waterproof, nor weatherproof, and it is important to keep both the device and paper forms dry.

The versions are the same except for the license.
Evaluation license is valid for 3 months. After this evaluation period, users need to subscribe.

We do not currently offer an enterprise version of CLB Paper. If you would like to enquire about this, please send us a message through our Contact page.

Yes, the first 6 digits of the barcode can be defined by users.

The following three types are currently supported:
1. Freehand - non text fields
2. Annotations - text fields that can use handwriting recognition
3. Signature - fields that output FSS format embedded PNG images

関連情報・お問い合わせ

  • ソフトウェア & ソリューション

    詳細

  • 導入事例

    ワコムやパートナーのソリューションを活用して課題を解決した企業の事例はこちらから。

    詳細

  • お問い合わせ

    詳細

Back to top
A+ A-