医用画像

液晶ペンタブレットで画像ワークフローを効率化

医用画像を見ながらマウスで関心領域の輪郭作成を行うには多くの時間を費やす必要があります。液晶ペンタブレットを使えば、画像の輪郭を描くのもトレーシングの要領で簡単に行え、数時間で精度の高い描画か完成します。

大型の液晶ペンタブレットにはスタンドが付属しているため、好みの作業角度に調節できます。またペンを使用している間、画面上に手や腕を置けるため作業の快適さも向上します。

導入するメリット

  • 画面への直感的な入力により描画の精度を大幅に向上
  • 迅速な分析処理により、医師がより多くの時間を患者のために費やすことが可能
  • 画面の傾斜角を調整可能なため作業効率が向上
  • さまざまなワークステーション、コンピュータに接続可能
  • ファンクションキーとタッチ機能を使って、迅速に動画の表示、または一連の画像スライドをスクロール表示 (液晶ペンタブレットの一部モデルのみ)

医用画像向け製品ラインアップ

DTK-2241

21.5型液晶ペンタブレット

関連情報
お問い合わせ

  • 導入事例

    ワコムやパートナーのソリューションを活用して課題を解決した企業の事例はこちらから。

    詳細はこちら

  • ダウンロード

    体験版ソフトウェアや最新のドライバなど、各種ダウンロードはこちらから。

    詳細はこちら

  • お問い合わせ

    詳細

Back to top
A+ A-