選挙

有権者 ID と手書き電子サインを使った登録による効率化

IDカードのペーパーレス化と電子サインを導入することで選挙が効率化されます。

電子投票システムの導入により、選挙における投票用紙の集計と確認のための時間を削減することができます。

投票に利用できるサインタブレットは小型、軽量で傷がつきにくいため、長年にわたるサービスで活用できます。さらに、ワコムは既存のシステムに手書き入力機能を追加するためのSDKも提供しています。

導入のメリット

  • 提出書類の作成、記入、サイン、投票用紙の集計に関連する効率の向上
  • 投票用紙の読み取り不可能または破損というリスクの軽減
  • デジタル処理を活用して選挙の結果を正確に作成
  • 投票所での待ち時間を短縮し、投票率の向上に寄与
  • 投票用紙の印刷、並べ替え、集計、保存、アーカイブ、検索、および 輸送に関連するコストの削減

選挙向け製品ラインアップ

STU-430

4.5” 320 x 200 モノクロ 液晶サインタブレット

DTU-1141

10.6型液晶ペンタブレット

関連情報
お問い合わせ

  • 電子サインのメリット

    詳細

  • ダウンロード

    体験版ソフトウェアや最新のドライバなど、各種ダウンロードはこちらから。

    詳細はこちら

  • お問い合わせ

    詳細

Back to top
A+ A-