Wacom Cintiq Pro はじめに


Wacom Cintiq Pro初期設定方法や、ドライバダウンロード、マーケットプレイスをご紹介します。 はじめに、タブレットドライバをダウンロードしてください。次にワコムデスクトップセンターで各機能やペンの設定を行います。ワコムマーケットプレイスでは、様々なソフトウェアやサービスを提供しています。



Wacom Cintiq Pro製品ページ ::before ::after

Wacom Cintiq Proを最大限活用するには、
次の手順をご覧ください。


ステップ 1

Wacom Cintiq proに同梱されている
クイックスタートガイドをご覧ください。

Step 2

最新のタブレットドライバをダウンロードします。
ダウンロードはこちら

Windows  |  Mac

ステップ 3

画面に表示される説明に従ってセットアップします。

ステップ4:ワコムデスクトップセンター


ワコムデスクトップセンターを使ってあなただけのCintiq Proに。

✓    ✓ラジアルメニュー、ペンスイッチ、オプションのファンクションキー™、Remoteのカスタマイズ設定
✓    ユーザーガイド
✓     ドライバ/ソフトウェア/ハードウェアのアップデート
✓    Marketplace:ソフトウェアやサービスを入手可能なワンストップショップ
✓    チュートリアル

ワコムタブレットドライバ

Wacom Cintiq Proが正常に動作するためには、Wacomタブレットの最新ドライバをインストールする必要があります。Cintiq Pro用のワコムタブレットドライバをアップデートまたは再インストールするには、こちらをクリックするか、またはワコムデスクトップセンターの最新アップデートタブから最新ドライバを入手できます。

最新ドライバをダウンロード ::before ::after

さまざまなソフトウェアやサービスを活用して、ひらめきを形にしましょう。Wacom Marketplaceは、クリエイティブなソフトウェアやサービスを提供する新しいプラットフォームです。

優れた各種ツールを、すべて 1 つの場所で

すべてのサービスを1つのアカウントで

多数のソリューションを無料でお試し

Wacom Marketplace に移動

製品・ソリューションに関するよくあるご質問 (FAQ)

Cintiq液晶ペンおよびタッチタブレットは、表現力を高め、生産性を向上させるツールを必要としているプロクリエイターに最適です。

Cintiq製品ファミリーによるメリットが期待できる主な4つのグループは次のとおりです。

  1. 工業デザイン/MCAD/AEC
    オブジェクトの開発プロセスは、従来のプロセス(初試作品からプロトタイプまで)から、デザインのプロセス全体がMCADにシームレス統合されている完全にデジタルのワークフローに進化しています。デザイナーは、スケッチの段階から最終的な3Dモデル作成まで、制作全体をコンピュータで開発することができます。

  2. メディア、エンターテイメント
    このセグメントのユーザーは、中小規模の独立系スタジオで雇用者または受託者として主に活動しています。新しいメディアコンテンツの制作を手がけています。デジタルペインティング、2Dおよび3Dアニメーション、フィルム編集のようなコンセプトアートも制作されています。このような作業には、多くの場合、さまざまな種類のソフトウェアが使用されます。そのため、異なるソフトウェア環境でハードウェア要件を満たす必要があります。

  3. グラフィックアート
    このグループのユーザーは、広告代理店で雇用者または受託者として作業しています。また、グラフィックデザイナーやイラストレーターが多数を占めており、制作内容は多岐にわたります。グラフィックデザイナーは、ウェブデザインや写真のレタッチ、植字、レイアウトを行います。 イラストレーターは、ストーリーボードや広告のイラスト、2Dアニメーションなどを製作します。

  4. 画像編集
    このセグメントの主なユーザーは、写真プリントの仕上げにこだわるプロフェッショナルフォトグラファーや、スタジオで写真を加工する方です。中には、撮影時やデジタル画像のレタッチ加工を行う際、最先端の最高ハードウェア機器以外は使用しない方もいらっしゃいます。Photoshopを使用して、細部まで最高の色にレタッチ加工し、完璧な状態でデジタル画像を出力できます。

ワコムの液晶ペンタブレットには以下のような特長があります。

  • 直感的に使いやすいエルゴノミクス設計
  • ダイレクト入力で自然な描き味
  • 時間を節約する各種設定
  • 大画面のLCDディスプレイと最大4Kの解像度
  • 業界最高のペン品質
  • 最高品質のIPS LCDパネル、広視野角を実現しながら色移りを防止
  • 優れた色精度と広い色域
  • タッチホイールとラジアルメニューを搭載、ユーザー設定可能なエクスプレスキーによる快適なワークフロー
  • ペンとマルチタッチ機能の同時使用によりデジタルワークフローの可能性を拡大

プロクリエイターが必要なツールを提供するために、自然かつ直感的に画面上に描画できるさまざまなWacom Cintiq製品ラインを用意しています。ワコムのプロペンとペンスタンド、またはワコムのプロペン2とペンスタンドに加えて、交換用ペン先、電源、ケーブル、クイックスタートガイドが各製品に付属しています。

  • Cintiq 27QHD touch (DTH-2700):クリエイティブな作業を行う方向けに同時に使用できるペンやマルチタッチ機能を搭載し、プロ向けの高性能な色彩を実現したワコムの主力製品。
  • Cintiq 27QHD (DTK-2700):クリエイティブな作業を行う方向けに設計されたペン機能、プロ向けの高性能な色彩を実現したワコムの主要製品。
  • Cintiq 22HD (DTK-2200):Cintiq 21UX(DTK2100)の後継機種。Cintiqの従来の仕様に加え、フルHD解像度ディスプレイを実現。
  • Wacom Cintiq Pro 16 (DTH-1620):クリエイティブな作業を行う方向けに、同時に使用できるペンやマルチタッチ機能を搭載。スリムなコンパクトデザインながら高画質4Kの16型のディスプレイ、新しいプロペン2、USB-Cポート、Wacom Link、ペンスタンド、ケーブル、オプションのExpressKey Remote、ワコムスタンド。
  • Wacom Cintiq Pro 13 (DTH-1320):クリエイティブな作業を行う方向けに、同時に使用できるペンやマルチタッチ機能を搭載。スリムなコンパクトデザインながら高画質ディスプレイのキャンバス。新しいプロペン2、USB-Cポート、Wacom Link、ペンスタンド、ケーブル、オプションのExpressKey Remote、ワコムスタンド。
  • Cintiq 13HD (DTK-1301):スリムなコンパクトデザインのCintiq 13HDには、高解像度の13.3型HD画面、プロペン、ケース、エクスプレスキー、リングキーに加え、角度調整可能なスタンドが付属しています。

Cintiqs製品は、自由に創作して生産性を高めるプロクリエイター向けに設計されています。画面上でも自然な描き味で創作できます。

ワコムの液晶ペンタブレット(Cintiq 27QHD touch、Cintiq 27QHD、Cintiq 22HD、Wacom Cintiq Pro 16、Wacom Cintiq Pro 13、Cintiq 13HD)には以下のような機能があります。

  • 178oの広視野角をもつ最大4Kの大画面ディスプレイ
  • エクスプレスキー(タッチホイール、リングキー、マルチタッチ、ラジアルメニューの組み合わせ)など、時間を節約する機能。一部のモデルでは、上記機能を搭載したExpressKey Remoteはオプションのアクセサリです。
  • さまざまな方法で画面に触れることができるため、お客様それぞれのワークフローに柔軟に適応します。
  • Windowsの場合:Windows®7 SP1以降 
  • Macの場合:Mac OS®10.10以降
  • Intel®プロセッサ
  • 最適なパフォーマンスに必要なUSB-Cポート(または同梱のWacom Linkアダプタを使用するために必要なMini DisplayPortと標準のUSB-Aポート)
  • インターネットアクセス機能
  • コンピュータにUSB-C ポートが搭載されている場合: 

    1. Wacom Cintiq Proをお使いになりたい場所に置きます。
    2. ACアダプタをコンセントに接続後、アダプタ先端のUSB-CコネクタをWacom Cintiq ProのUSB-Cポートに差し込みます。
    3. 付属のUSB-CケーブルをWacom Cintiq ProのUSB-Cポートに接続します。
    4. USB-Cケーブルのもう一方の先端をコンピュータのUSB-Cポートに接続します。
    5. 電源ボタンを2秒間押して、Wacom Cintiq Proの電源をオンにします。

     

    コンピュータにMini DisplayPortおよび標準のUSB-Aポートが搭載されている場合:

    1. Wacom Cintiq Proをお使いになりたい場所に置きます。
    2. ACアダプタをコンセントに接続後、アダプタ先端のUSB-CコネクタをWacom Cintiq ProのUSB-Cポートに差し込みます。
    3. 付属のUSB-CケーブルをWacom Cintiq ProのUSB-Cポートに接続します。
    4. USB-Cケーブルのもう一方の先端をWacom LinkのUSB-Cポートに接続します。
    5. 付属のMini DisplayPortをMini DisplayPortに、USB-A to USB-AケーブルをWacom Linkアダプタに接続します。
    6. Mini DisplayPortのもう一方の先端とUSB-Aケーブルをコンピュータに接続します。
    7. 電源ボタンを2秒間押して、Wacom Cintiq Proの電源をオンにします。

Wacom Cintiq ProのUSB-Cポートでは、最大5 Gbps(USB 3.1 Gen 1)のデータ転送速度をサポートしています。SDカードスロットに隣接しているUSB-Cポートは、USB 2.0のデータ転送速度で動作します。

最適なパフォーマンスを発揮するために、USB-Cを使用してWacom Cintiq Proをコンピュータに接続することをお勧めします。コンピュータがUSB-Cに対応していない場合は、同梱されているWacom Linkアダプタとケーブルを使用すれば、Mini Displayポートと標準のUSB-Aポートを使用して接続できます。現在は、HDMI接続に対応しておりません。

Wacom Cintiq Proの電源要件により、クリエイティブ液晶ペンおよびタッチタブレットを充電するには、Wacom Cintiq Pro付属の48W USB-C ACアダプタが必要です。最大5V/1.5Aの周辺装置をWacom Cintiq Proに差して電源供給することもできます。

ACアダプタはWacom Cintiq ProのUSB-Cポートに使用できます。USB-Cポートはいずれも、動画やデータ、電源の出力など、同様の機能に使用されます。

Cintiq Proの下部に搭載されている2つのスタンドスロットは、オプションで調整可能なワコムスタンドを取り付けられるように設計されています。ワコムスタンドは、Wacom Cintiq Proの内蔵スタンドよりも角度を細かく調節できます。

ワコムスタンドは、近日販売予定です。現在製品アナウンスと情報については、 www.wacom.com をご覧ください。

Wacom LinkアダプタにはMini DisplayPortコネクタが付属しています。このコネクタを使用してコンピュータからWacom Cintiq Proタブレット画面に画像を出力します。Wacom Cintiq Pro 13の8ビットカラーを使用すれば、最大フルHD解像度を60Hzで出力できます。

Wacom Cintiq Proには、タブレット上部のスロットに挿入できるペンホルダーが搭載されています。このペンホルダーは、Wacom Cintiq Proを持ち上げる際にペンを固定できるだけでなく、ペンスタンドとして使用することもできます。

今後オプションでペンタグも販売予定です。 www.wacom.com にアクセスし、製品アナウンスと情報をご覧ください。

Wacom Cintiq Proをスリムで軽量なデザインにするために、タブレット画面にKensington®MiniSaver™のモバイルロックスロットとセキュリティスロットを搭載しました。ロックスロットの詳細については、KensingtonのWebサイトをご覧ください。 

Wacom Cintiq Proには、標準のUSB-C電源を使用できます。Wacom Cintiq Proに付属している48W USB-C ACアダプタは、お手持ちのデバイスで使用することを想定して検査しています。Wacom Cintiq Proへの電源供給には、必ずこのアダプタをお使いください。これ以外の方法での電源供給は推奨されず、ワコムの保証対象外です。問題が発生した場合は、お客様の責任の範囲とさせていただきます。 

交換用または予備のWacom Cintiq Pro ACアダプタは、ワコムのWebサイトでお買い求めいただけます。詳細については、 wacom.comのWacom Cintiq Pro製品ページをご覧ください。

Wacom Cintiq ProとWacom Linkアダプタでは、USB-CおよびMini DisplayPort規格を使用しています。Wacom Linkアダプタを使用してWacom Cintiq Proを接続した場合のタブレット品質は、最大でUltra HD(3840 x 2160)です。これは、再生速度が60Hzの4K解像度としても知られています。ただし、USB-Cの帯域幅の制限により、4K動画を同時再生するとUSB 2.0の転送速度になる場合があります。

Wacom Cintiq Proにバンドルされている無料のソフトウェアはありません。Wacom Marketplaceにアクセスすることをおすすめします。Wacom Marketplaceでは、お使いのWacom Cintiq Proの登録、ワコムのソフトウェアの参照、無料のワコムIDの作成が可能です。

Wacom Cintiq Proの最新ドライバは、wacom.com/startからWacom Cintiq Pro入門ページにアクセスしてダウンロードするか、wacom.com/supportからダウンロードできます。ワコムのWebサイトから最新ドライバをダウンロードするか、ワコムデスクトップセンターにアクセスしてドライバアップデート通知を確認することをお勧めします。

まず、 wacom.com/supportにアクセスし、最新ドライバをダウンロードします。インストールファイルをダウンロードして実行し、表示される説明に従ってインストールします。インストールが完了したらコンピュータを再起動し、Wacom Cintiq Proが問題なく動作することをご確認ください。ドライバのインストールについてご不明な点がありましたら、 wacom.com/supportにアクセスし、お住まいの国のワコムユーザーサポートにお問い合わせください。

Wacom Cintiq Proは、最適なパフォーマンスを発揮するために、Windows® 7 SP1以降/macOS® 10.10以降、Intel®プロセッサ、USB-Cポート(Mini DisplayPortおよび標準のUSBポート)を要件としています。デバイスドライバをダウンロードするためにはインターネット接続環境が必要です。

はい。プロペンを含む前世代のペン(Cintiq Companion 2、Cintiq 22HD & 27 QHDに同梱されているプロペン)は、Wacom Cintiq Proと互換性があるため、前世代のワコム製品でもお使いいただけます。ただし、ペンタブレットに同梱されている新しいプロペン2を使用すると、Wacom Cintiq Proで最高の描き心地を味わえます。新しいプロペン2の技術により筆圧精度が向上しています。また、透明度やエッジ精度の向上など、ワコムの最新ペン技術を搭載した新機能も追加されています。

現在入手可能な前世代のアクセサリペン(プロペン、グリップペン、アートペン、クラシックペン、エアブラシペン)はすべて、新しいWacom Cintiq Proペンタブレットと互換性があります。この場合、ペンのパフォーマンスは前世代のCintiq液晶ペンタブレットと同様のレベルになります。

ありません。ワコムは、時間が経つにつれて摩耗する可能性のあるフィルムではなく、最高品質の液晶、優れた描き心地、光の反射を抑えるアンチグレア仕様の表面を実現するために、耐久性に優れた硬化ガラスを採用しています。新しいWacom Cintiq Proデザインは、長時間クリエイティブな作業に従事するプロ向けとなっており、品質にこだわって製造されています。

はい。現在販売されているExpressKey Remoteは、Wacom Cintiq Proでお使いいただくことができます。ExpressKey Remoteドングルを使用するには、USB-Aポートが必要です。ExpressKey Remoteは、コンピュータのUSB-AポートまたはWacom LinkアダプタのUSB-Aポートを使用するか、USB-C to USB-Aアダプタを使用してWacom Cintiq ProのUSB-Cポートに接続する必要があります。接続すると、Cintiq 27QHDやその他のCintiq製品と同様、ExpressKey Remoteはワコムデスクトップセンターアプリケーションによって認識されます。

これらのタッチキーを使用すると、モード設定、画面設定、ワコムデスクトップセンターアプリケーション、画面キーボードにすぐにアクセスしたり、電源をオンやオフにすることができます。これらのキーを押してこのような機能を呼び出すことができます。

電源ボタンの側にある2つのLEDボタンは、スリープモード、電源のオンオフ、ペン/タッチステータスなどのWacom Cintiq Proのステータスを示すステータスライトです。

 

IPS方式(LED) ステータス 意味
Power LED 青の点灯 Cintiqの電源がオンになっている
オレンジの点灯 Cintiqの電力供給中、スタンバイモード
オフ Cintiqの電源がオフになっている
 ステータスLED  白の点灯  Cintiqの電源がオンになっている
 白の点滅 ペンのアクティブ領域が押された場合など、Cintiqが通信中であることを示します。

Wacom Cintiq Proのシリアル番号は、ペンタブレット裏面にある折りたたみ式の脚の左下に記載されています。この脚はスプリング駆動式のため、簡単に押すだけで、ロック/ロック解除して折りたたむことができます。ご使用のデバイスのシリアル番号はコンパートメント内側のラベルでご確認いただけます。 

Wacom Cintiq Proには、予備のペン先10本(プロペン2に付属するペン先と同じ黒色の標準芯6本、白色のフェルト芯4本)が付属しています。この予備のペン先は、円形のペンスタンド裏面の内側に収められています。ペンスタンドの開封について詳しくは、クイックスタートガイドをご覧ください。

今後、オプションで調整可能なワコムスタンドを販売する予定です。 製品アナウンスと情報については、 www.wacom.com

をご覧ください。

はい。Wacom Color Managerは、高精度な色の管理を可能にするCintiq 27QHD、Wacom MobileStudio Pro、Wacom Cintiq Proと組み合わせて動作するよう設計されており、繊細な色使いで作品を仕上げることができます。Wacom Color Managerは、他のCintiq液晶ペンタブレットと組み合わせて使用することもできます。

いいえ。プロペン2では、ペン先のデザインとサイズが新しくなりました。前世代のペンは、Wacom Cintiq Proに同梱されている新しいプロペン2とは互換性がありません。交換用ペン先はワコムストアでお買い求めいただけます。

国別の価格を確認するには、Wacom.comにアクセスし、ページ上部にある「STORE」をクリックします(右上の「Regions」をクリックし、お住まいの国が選択されていることをご確認ください)。価格や在庫情報については、お住まいの地域のワコム製品取扱店にお問い合わせください。 

Wacom Cintiq製品は、通常、取扱販売店でお買い求めいただけます。ワコムストアまたは大手販売店のオンラインストアからもご購入いただけます。取扱製品は、製品や国によって異なります。お住まいの国の取扱販売店については、 www.wacom.comをご覧ください。 

ワコムでは、すべてのCintiqs製品の操作性を高めるペンやペン先を多数ご用意しています。

ペン

前世代のペンアクセサリには次のようなものがあります。これらのペンは、Intuos4、Intuos5、Cintiq 13HD、Cintiq 13HD touch、Cintiq 21UX (DTK)、Cintiq 24HD、Cintiq 24HD touch、Cintiq 27QHD、Cintiq 27 QHD touch、Cintiq 22HDでお使いいただけます。Wacom Cintiq ProやWacom MobileStudio Proでもお使いいただけます。

すべてのペンに、デスクトップペンスタンドまたはキャリーケース、交換用ペン先一式、ペン先取り外しツールが付属しています。次のペンを使用できます。

  • Pro Pen: 新しいプロペンでは2048レベルの筆圧感知機能と傾き検出機能を搭載し、より快適なエルゴノミクスを追求しました。これにより高精度な操作性を実現しています。このペンは、Intuos4、Intuos5、Cintiq 13HD、Cintiq 13HD touch、Cintiq 27QHD、Cintiq 27QHD touch、Cintiq 21UX、Cintiq 22HD、Cintiq 24HDでお使いいただけます。
  • グリップペン:プロフェッショナル向けの手描きツール。Intuos4、Intuos5、Cintiq 21UX、Cintiq 22HD、Cintiq 24HDに対応する標準のペンです。
  • アートペン:最も人気の高いペンアクセサリ。回転を認識し、フラットなブラシやマーカー、カリグラフィーペン、その他の自然なメディアツールの感触を実現しています。円形とのみ型のペン先を組み合わせて使用します。アプリケーションソフトウェアのサポートが必要です。
  • クラシックペン:極細のペン(直径バレルが小さいペン)がお好みの方向けに設計されており、標準のグリップペンと交換して使用できます。
  • エアブラシ:エアブラシの筆致を表現できます。ソフトウェアアプリケーションのサポートが必要です。

注意事項:初期のIntuos4ペン(製品コードに“-01”を含まない製品)は、Cintiqsではご使用いただけません。“-01”の記載があるペンをお使いください。旧型と新型では、消しゴムのそばにあるワコムロゴが異なります。“-01”ペンの場合は、ワコムロゴが2つ付いていますが、旧型のペンには1つしかありません。

替え芯

Cintiq液晶ペンタブレットでのさまざまな動作にぴったりのペンを取り揃えています。ペン先は、表現するものやお好みによって使い分けます。ハードフェルト芯とエラストマー芯は、ペンタブレット画面に傷が付く原因となるため、Cintiq 24HD touch、Cintiq 13HD、Cintiq 13HD touchでは使用しないでください。

Wacom Cintiq Pro 13およびCintiq Pro 16では、次のようなアクセサリ製品を使用できます。

  • ExpressKey™ Remote – カスタマイズ可能な17のショートカットキーがあります。タッチホイールでショートカットキーを設定できるため、生産性を向上して作業時間を短縮できます。ワコムストアまたは一部の販売店でお買い求めいただけます。
  • ワコムスタンド - 3段階の角度調整が可能な着脱式スタンド。2017年初め発売予定。
  • ワコムソフトケース –13型(Medium)と16型(Large)の2種類のサイズを用意。2017年初め発売予定。
  • ワコムワイヤレスキーボード – BlueTooth対応ワイヤレスキーボードは販売中。
  • ワコムのプロペン2の替え芯 – 2017年初め販売開始。

 

交換用アクセサリ(2017年初め発売予定):

  • USB-C to USB-Cケーブル– コンピュータのUSB-Cポートに直接Wacom Cintiq Proを接続するか、Wacom Linkアダプタを使用して、コンピュータのMini DisplayPortと標準のUSB-Aポートを接続します。
  • USB-A to USB-Aケーブル –Wacom Cintiq Proをコンピュータに接続して、Wacom Linkアダプタ経由で液晶ペンとタッチタブレット機能を使用できます。
  • Mini DisplayPort to Mini DisplayPortケーブル –Wacom Cintiq Proをコンピュータに接続して、Wacom Linkアダプタ経由で表示するために使用します。
  • Wacom Link –Mini DisplayPortポートと標準USB-Aポートを使用してWacom Cintiq Proをコンピュータに接続するためのアダプタです。
  • Cintiq 48W USB-C ACアダプタ - USB-Cポート経由でWacom Cintiq Pro 13または16に電源を供給するために使用します。
  • Cintiq電源ケーブル (地域によって異なる)- Cintiq 48W USB-C ACアダプタ(別売)を使用するための国別の電源ケーブルです。
  • ワコムのプロペン2(ペン先とケース付き) – 最新のワコム技術を搭載した交換用ペンと、3本の交換用ペン先が付属したペンケースです。
  • サポートページをご覧ください。

    製品を登録された方には、最新の製品アップデート情報や登録者特典などのお得な情報をお送りします。

    サポート

Back to top
A+ A-