Wacom Intuos Pro Paper Edition
はじめに



以下の3つのステップでWacom Intuos Pro Paper Editionをセットアップします。

ステップ 1

タブレットドライバをダウンロード・インストールします

詳細はこちら

ステップ 2

Inkspace app(64bit)を開きます。
アプリがインストールされていない場合、下記よりダウンロードできます。

Windows Mac

iOS | Android

ステップ 3

Wacom Inkspace appを画面の指示に従いセットアップしてください

Wacom Intuos Pro Paper EditionとパソコンをBluetooth®でペアリングする


1. Wacom Intuos Pro本体の側面にある電源ボタンで電源を入れます。


2. パソコンでBluetoothの設定画面を開きます。Wacom Intuos Proのタッチホイールのセンターボタンを長押しして、Wacomロゴの横にあるLEDライトが点滅するのを確認します。


3. デバイスの一覧で「Bluetooth Intuos Pro」を選択して[ペアリング]をクリックします。

スケッチを保存する、レイヤーを作成する

Wacom Intuos Proの電源が入っていることを確認して、スケッチします。スケッチを保存するにはタッチホイールのセンターボタンを1回押します。ボタンの+ライトが青から緑に変わります。新しいレイヤーを作成するには、センターボタンをすばやく2回押します。+ライトが2回点滅します。

スケッチをWacom Inkspaceアプリに転送する

Wacom Inkspaceアプリがパソコンにインストールされている状態でWacom Intuos ProをパソコンにUSBまたはBluetoothで接続すると、スケッチが自動的にWacom Inkspaceアプリのライブラリに転送されます。 パソコンにBluetoothで接続してしばらく待ってもスケッチがライブラリに表示されない場合は、タッチホイールのセンターボタンを押してください。

パソコンから離れた場所でスケッチする

スケッチをするときに常にパソコンに接続しておく必要はありません。 内蔵メモリに保存されたスケッチは、次にパソコンに接続したときに、Wacom Inkspaceアプリに転送されます。
ペーパーを所定の位置に固定するペーパークリップ、およびペン先の細い専用ペンWacom Finetip Penもしくは専用ボールペンWacom Ballpoint Penが必要です。これらのアクセサリはすべて、ワコムストアでお買い求めいただけます。

Wacom Intuos Pro Paper Editionをご購入いただくとペーパークリックおよびペン先の細い専用ペンWacom Finetip Penが標準で付属しています。
Inkspaceアプリをダウンロードしてインストールしてください。ペーパースケッチを設定し、スケッチを転送したりお気に入りのソフトウェアアプリケーションにエクスポートしたりすることができるようになります。Inkspaceアプリはこちらからダウンロードできます。
Wacom Intuos ProをUSBで接続し、ワコムのInkspaceアプリを開きます。Wacom Intuos Proを以前にアプリに接続していた場合は、スケッチが自動的に転送されます。初めて接続する場合は、スケッチを転送するためにセットアップを完了する必要があります。
はい。
ワコムストアにアクセスしてペン先の細いペンWacom Finetip Penかワコム製ボールペンWacom Ballpoint Penを購入し、あわせてワコムのペーパークリップをお買い求めください。ペーパースケッチにはこれらのアクセサリが必要です。

コンピュータに接続しなくてもペーパースケッチは可能です。ペーパースケッチはスタンドアローンで動作するため、コンピュータを使わずにスケッチできます。スケッチしたものはIntuos Proの内部メモリに保存されます。デスクに戻ったら、ワコムのInkspaceアプリでスケッチのデータをコンピュータに転送できます。

 

特殊な紙がなくてもIntuos Proでスケッチできます。ただし、スケッチできるのは、タブレット上のコーナーマークで示されたアクティブエリアのみです。
はい。
Wacom Intuos Pro Paper Editionを購入していない場合、Intuos Proを使用してスケッチするには、アクセサリとしてのみ販売しているワコム製のペン先の細いペンWacom Finetip PenかボールペンWacom Ballpoint Penが必要です。
ワコムのInkspaceアプリではスケッチをPNG、JPG、SVG、PDF、PSD、WILLといったファイル形式でエクスポートできます。
Wacom Intuos Proタブレットのメモリには、インターネット接続なしで最大200ページ保存できます。レイヤーの制限はありません。
はい。ペーパースケッチでもレイヤーを作成できます。タッチリングの中央のボタンをタップするだけで、新しいレイヤーを作成できます。スケッチにはレイヤーをいくつでも作成できます。制限はありません。
  • サポートページをご覧ください。

    製品を登録された方には、最新の製品アップデート情報や登録者特典などのお得な情報をお送りします。

    サポート

Back to top
A+ A-