k

絵本『フェミニズムはみんなのため』を出版

アメリカのUXデザイナー、エリザベス・ローズは、平等なジェンダー社会の実現を目指し、フェミニズムに関する絵本『フェミニズムはみんなのため』を制作・出版しました。

 

 

ワコムには、チームメンバー(社員)の興味や関心を尊重し、個人のプロジェクトを支援するプログラムがあります。そのプログラムを一部活用した、エリ ザベス・ローズのプロジェクトを紹介します。


アメリカでUXデザインを担当するエリザベスは、平等なジェンダー社会を目指したいという思いから、0~4歳の子どもを対象にしたフェミニズム(女性の権利や男女平等を推進する考え方)に関する絵本『フェミニズムはみんなのため』を出版しました。彼女の取り組みは、私たちのライフロングインクの可能性に新たな気づきを与えてくれています。ワコムのUXデザイナーとしての経験を活かし実現した彼女のプロジェクトについてインタビューしました。


絵本『フェミニズムはみんなのため』を出版したきっかけを教えてください


最初のきっかけは夫に出会ったことでした。夫は自らがフェミニストであることを唱える初めての家族でした。夫に出会ったときにはまだ、自分が女性であることに失望させられているという複雑な社会の現実に気が付いていませんでした。期待される女性らしさに添わないことがあれば、変えたり、隠したりしないといけないと思っていました。 夫と出会ったことで、私は初めて平等であることを実感し、本当の自分を受け入れ、尊重し、勇気づけることを知りました。夫の存在は心の大きな支えとなり、私が私であることに自信を持ち、その自信を不公平に立ち向かう力に変えられるよう支援してくれました。


2017年、私たちは親になりました。フェミニストに関連する本を子どもの本棚に揃え、よく読んでいました。その中で、知り合いの親たちの多くが(フェミニストである親たちでさえも)男の子に対してフェミニズムをどのように伝えればよいのか悩んでいることを知りました。さらに、友人や親せきの男性の多くが、男性だってフェミニズムに関わってよいのだということを理解していませんでした。これは大きな問題だと思いました。もし私たちが、自分の子どもたちが大きくなったときに世界が平等であることを望むのであれば、フェミニズムが誰のためにあるのか-もちろんあらゆる人のためにあるのですが-を理解するため、このギャップを埋める架け橋が必要だと考えました。そこで私たちは『フェミニズムはみんなのため』という本を作ることを思いついたのです。



 

 

d

デザイナーとしてのスキルや経験をどのように活かすことができましたか?

ワコムではユーザーエクスペリエンスデザインを担当し、主にWEB媒体に関わるプロジェクトに携わっています。ユーザーエクスペリエンスデザインの仕事を続けるなかで、複雑なアイデアをシンプルに体系化して伝える経験を重ねてきました。その経験をもとに、親や子どもたちを取り巻く、複雑なフェミニズムの考え方を伝える策として、子ども向けの本を作ることを思いつきました。また、絵本を作ることは自身のイラストレーションのスキルを活かすことができ、まだ言葉がわからない子どもでもわかるシンプルなグラフィックに挑戦できると考えました。

j

本の制作にあたり、苦労したことはありますか?

本を出版するのは初めてでしたので、児童書の業界情報や出版の手段を見つけることに苦労しました。加えて、初めて母親になったタイミングであったため、忙しい家庭との両立を図りながらこのプロジェクトを進めることも挑戦でした。幸運にも、ハイブリッド出版で知られるMascot Booksとパートナーシップを結ぶことができ、出版を実現することができました。

また、会社が個人の興味を尊重してくれることに感謝しています。今回の制作は、会社が個人のプロジェクトを支援するプログラムを一部活用して実現しました。また、絵本のデザインとイラストレーションの制作にはWacom Intuos Proが欠かせませんでした。製品にもプロジェクトを支えてもらいました。

o

読者からはどのような反応がありましたか?

非常にポジティブな反応をいただいています。『フェミニズムはみんなのため』というタイトルだけでも多くの方とのつながりができたと感じています。この言葉を必要とする人たちがたくさんいるということは素晴らしいことです。私たちの中には、フェミニズムが男性に対する反発であると思い、フェミニズムを否定する人々へ反感を抱く人もいます。この本はそのような感情にアプローチする機会を提供します。本プロジェクトのソーシャルメディアアカウントにもネガティブな反応がありましたが、驚くべきことに、最終的にはポジティブな発言へと変わっていきました。「フェミニズム」を語るアカウントは警戒されることもありますし、私たちが語る「フェミニズム」という言葉は皆にすんなり理解されるものではありません。しかし、子どもたちの感情や興味、友情、信念を平等に扱いたいという思いは私たち全員に共通しているのではないでしょうか。私たちがさまざまな人々を巻き込んで行った今回のプロジェクトが、今日存在する不平等の現実をよりオープンにするきっかけになればと願います。

今後の活動について教えてください

 

このプロジェクトを通じて、これまで出会ったことのない人や思いつかなかったアイデアに気づくことができました。この気づきを活かして、広く受け入れられるジェンダーへの取り組みをテーマに、新たなプロジェクトに取り組みたいと考えています。将来的にはもっと本を制作したいですが、次のプロジェクトは私のUXデザインの経験をより活かしたものになるかもしれません。これからも私たちの文化があらゆる人に受け入れられ、支援されるように、自分の専門知識を活かしていきたいです。

※本プロジェクトは、エリザベス・ローズ個人のプロジェクトをワコムが一部支援した取り組みです。

プロジェクト一覧

s

私たちの灯りー“Mam and Dad’s Child Interest” by Stella Wang

「心の灯り」をテーマに、二回目となるアートコンテストを開催しました。思いもよらぬ出来事にさまざまな変化が起こる中、今、そして未来へと続くチームメンバーの心の灯りを作品を通して紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

s

私たちの灯りー秋山でのひととき/山本高廣

私たちの取り組みで大切にしている「灯り」をテーマに、チームメンバー(社員)を対象にしたアートコンテストを開催しました。チームメンバーによる投票で選ばれた三作品を紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

ステイホーム期間中に小学生向けオンラインお絵描き教室を開催

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、外出自粛をしていた子どもたちに何か楽しい時間を提供したい。FC KAZOとイラストレーター・すいいろさんと共に、小学生を対象としたオンラインお絵描き教室を開催しました。

詳細はこちら ::before ::after

サッカーを通じたワコムの新たな取り組み

FC KAZOと共にチームと地域を育てたい。ワコムは埼玉県加須市のフットボールクラブ「FC KAZO」のオフィシャルパートナーとして活動を支援しています。

詳細はこちら ::before ::after

私たちの灯り-"The spark is in you! Mirror portraits during times of isolation" by Oliver Madlener

私たちの取り組みで大切にしている「灯り」をテーマに、チームメンバー(社員)を対象にしたアートコンテストを開催しました。チームメンバーによる投票で選ばれた三作品を紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

休校中の子どもたちにオンライン・スケッチノーティング講座

新型コロナウイルス感染拡大防止による休校中の子どもたちを対象に、ドイツのチームメンバーがオンラインワークショップ「Young Wacom」を開催しました。

詳細はこちら ::before ::after

3.KOPPAのはじまり/
「旅するKOPPA」の物語

KOPPAのはじまりは2019年4月。伊藤さんの展示制作がきっかけでした。展示後も「また誰かに使ってもらえるものにしたい。」KOPPAに込められた思いをお聞きしました。

詳細はこちら ::before ::after

2.もう、壊さなくていい/
「旅するKOPPA」の物語

自分たちで組み立てて、広げて、しまって、また一緒に旅に出る。壊すのが当たり前であった展示什器の在り方を大きく変えた「旅するKOPPA」が誕生しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

1.KOPPAとの出会い/
「旅するKOPPA」の物語

建築現場の端材を活かせないかと、建築家の伊藤維さんの呼びかけで生まれた家具「KOPPA」。ワコムとの出会いは小さな偶然がきっかけでした。

詳細はこちら ::before ::after

カスタマーサポートを通じてアーティストの「人生」を応援したい

アメリカでカスタマーオペレーションを担当するアレックス・ダフィーは、アーティストを支援する新たなプログラムを立ち上げました。このプログラムを立ち上げるきっかけとなったアーティストのデボン・ブラッグ氏との物語について、アレックスに聞きました。

詳細はこちら ::before ::after

ありがとうのページ

私たちの毎日を支えてくださっている「誰か」へ、ありがとうの気持ちを届けたい。チームメンバーから寄せられたメッセージです。

詳細はこちら ::before ::after

私たちの灯り-“That Spark Inside”
by Simone Wolters

私たちの取り組みで大切にしている「灯り」をテーマにアートコンテストを開催しました。作品を通して、チームメンバーが大切にしている心の灯りの存在を紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

s

未来のエンジニアたちにマーケティングの講義

東京工業高等専門学校で技術者を目指す学生を対象にマーケティングの講義を行いました。

詳細はこちら ::before ::after

s

一台に最後まで責任を持つ
セールス担当の取り組み

高校生のデジタルコンテンツ制作支援のため、倉庫に眠るペンタブレットを高校のクラブ活動や学校対抗のコンテストの副賞として毎年贈呈しています。

詳細はこちら ::before ::after

未来の教育を考える
ライフロングインク×AI

学習中の視線データとペンの動きから、生徒個人の学習特性を明らかにし、個人に合わせた学習環境を提供する「教育向けAIインク」を開発しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

授業をもっと楽しく、クリエイティブに
Wacom Intuosを学校に導入

ブルガリアで働くソフトウエアデザイナー、ヨアナ・シメノヴァは、子どもたちのITクラスをもっと楽しくしたいとWacom Intuosを学校に導入しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

絵本『フェミニズムはみんなのため』を出版

アメリカのUXデザイナー、エリザベス・ローズは、平等なジェンダーの社会の実現を目指し、フェミニズムに関する絵本『フェミニズムはみんなのため』を制作・出版しました。

詳細はこちら ::before ::after

サステナビリティに関連した当社の規範、
方針、体制等

詳細はこちら ::before ::after

Back to top
A+ A-
サポート