「自己を発見することで、自分のスタイルが見つかる。 それは、指紋のようにひとつひとつ違うのだ。」

Adrian Sommeling、
フォトグラファー、デジタルアーティスト

ハイパーリアルな作品を生み出すAdrian Sommelingのアイデア

「創造性を追求するなら、まずは自分の殻を破る必要がある」。これがオランダに拠点を置くAdrian Sommelingの信条だ。4年前、写真の世界に戻り、現在はデジタルアートやグラフィックデザイン、Web開発を手掛けているAdrianだが、元は広告の世界を知り尽くした人物である。
デジタル分野ではグラフィックデザインやWebデザインなどでキャリアを積み始め、そして、現在の仕事は、写真撮影やデジタルアートがメインとなっている。使用するツールもキャンバス、油絵具やブラシから、パソコンと Photoshopのデジタルブラシへと変わっている。

余暇があれば、プライベート作品として非現実的なシチュエーションのデジタルアート写真を制作しているAdrian、その作品には彼の息子が度々メインキャラクターとして登場する。Adrian は、息子を題材にすることで、自分の過去と未来の物語を明らかにできると感じている。

メールアドレスを登録してアーティストのコンテンツをダウンロード

Adrian Sommeling_interview

リアルな反射光を再現してハイパーリアルな「アメリカン広告」風の画像を作る

リアルな合成画像を作るためには、光の反射を自然になじませることが重要だ。この作業をおろそかにしても作品はそれなりに仕上がるが、より優れた作品づくりを目指すアーティストにとって、フォトグラファーであり、デジタルアーティストでもあるAdrian Sommelingのチュートリアルはまさに必見である。
そしてペンタブレットを使うと便利なPhotoshopのツールについても解説。このチュートリアルではAdrianが制作した驚くほどリアルな合成画像を用いた「アメリカンな広告」の制作プロセスについて解説する。

メールアドレスを登録してアーティストのコンテンツをダウンロード

Back to top
A+ A-