保険

契約申込書のデジタル化

保険の申込書などをデジタルで作成し、手書きで入力やサインを行うことで、処理時間とコストを削減できます。

保険代理店はコンピュータ画面を使って顧客と保険契約情報を共有し、申し込み、承認、請求の各プロセスについて説明することができます。保険の適用範囲の修正や変更について顧客のサインが必要な場合は、ワコムサインタブレットや液晶ペンタブレットにサインのためのボックスが表示され、顧客は書面にサインする場合と同様に自分の名前を直接画面に書き込むことができます。保険金の支払いや清算時にサインが必要な場合も、ワコムサインタブレットをコンピュータに接続するだけで、紙の文書の処理にかかっていた時間を節約できます。 

ワコムのサインタブレットは小型で耐久性が高いため、社内のカウンターやデスクから、出先のコンピュータで使う場合にも最適です。 

ワコムの液晶ペンタブレットは、直感的な操作が可能なため、特にデジタルフォームに記入するときに作業に集中できます。手書き文字入力、注釈記入、マークアップ、強調、申し込みの承認、適用範囲の変更にも活用でき、書面に記入する場合と同様に、画面にペンで直接書き込むことができます。保険契約者は文書全体を表示し、デジタルペンで記入を行い、自分の氏名をデジタルでサインすることができます。

導入のメリット

  • 保険契約の申し込み、適用範囲の改定、請求にかかわる処理の合理化
  • 出先でもサインをデジタル形式でキャプチャできることにより、書面に比べて処理時間を短縮
  • 書面で行っていた処理やスキャン、アーカイブ、保存、輸送関連のコストを削減
  • 契約や請求などのデジタル文書へのアクセスを改善
  • 電子サインされた契約書による改ざん防止で、個人情報の保護とプライバシーポリシーの遵守が向上
  • 電子サインのキャプチャ後は代理店による文書の修正や不正等の改ざんを防止

保険代理店向け製品ラインアップ<br />

STU-300

4.1型 モノクロ液晶サインタブレット

STU-530

5型 カラー液晶サインタブレット

DTU-1141B

10.1型液晶ペンタブレット

関連情報
お問い合わせ

  • 導入事例

    ワコムやパートナーのソリューションを活用して課題を解決した企業の事例はこちらから。

    詳細はこちら

  • ソフトウェア & ソリューション

    詳細

  • お問い合わせ

    詳細

Back to top
A+ A-