日本語(英語同時通訳付き)
オンライン配信 および ステージで開催:東京

Where is my soul? 人の魂(言霊)はどこに宿るのか、その問いを立てたワコムとアルスエレクトロニカフューチャーラボの協業は今年で2年目を迎えます。

2021年はBio Inkという生きたインクを軌跡に変換する新たな技術を使い、このテーマの研究を深めてきました。Bio Inkというコンセプトから魂(言霊)を見るにあたり注目したのはNoiseという存在です。 NoiseはSignalを抽出する際に除去される、いわば"不要なもの"という認識が強いですが、本当にSignalのみが、魂(言霊)を伝える力を持つのだろうか?Noiseを生み出すメカニズムともいえるBio Inkによって広がっていく軌跡は果たしてノイズなのか、シグナルなのか、両社間でも多くの議論がなされました。

このセッションでは二社が深めてきたBio Inkの研究の紹介と、このテーマに関するさらなる議論を広げていきます。