対話型授業

ワコムはさまざまな教育スタイル・メソッドに適応したソリューションを提供します。

教師と生徒は新しいアイデアとコンセプトをリアルタイムに共有・コラボレーションするためにビジュアルを用いてコミュニーションを行っています。そのコミュニケーションの手段として、ワコムのデジタルペン入力製品を利用すると、手書きによる描画や図示・注釈・メモ書きを行うことができ、よりわかりやすく、効果的にアイデアを共有することを可能にします。従来の集合型授業での発表や反転授業、遠隔授業や個別指導、グループ学習などさまざまな教育シーンでワコムの製品を使うことができます。ワコムの液晶ペンタブレット製品をはじめ、ペンタブレットIntuosやスタイラスペン Bamboo Stylus製品などを利用することで、今日の多様化するデジタル教育環境への対応と効果の最大化を目指します。

初等教育から高等教育まで各種教育機関では生徒のニーズに合わせ、さまざまな教育スタイルとメソッドが採用されています。これら教育機関にとって重要なことは、生徒の授業への関わり合いと参加を促すことです。ワコムはこのような授業の活性化を支援します。

ワコムの液晶ペンタブレットを利用することで、紙にペンで描くように簡単でより自然な感覚で様々なデジタルコンテンツを画面に表示し、直接その上へ描画することができます。またペンタブレット IntuosはWindows PC や Mac に接続するだけで、すぐに手書き入力を利用することができます。さらにスタイラスペンBamboo Stylus製品をiPad・Windows・Android の各種タブレットと一緒に利用することで、手書き文字を書き込むや端末の操作を快適に行うことができます。

今日の集合型の授業を担当する教師は、授業を行うときに新しい情報とアイデアを取り入れる柔軟性が必要であり、生徒はそれに応じて積極的に学習に取り組みます。教師はワコムの液晶ペンタブレットを利用することで、画面をペンで直接操作し、授業を行うこと、生徒に個別に教えること、または授業計画を立てるために効果を発揮します。

教師が教材用コンテンツを授業の前に準備することを可能とし、また静的な素材を組み合わせて1つの有効的なコンテンツに作り変えるで、生徒の授業への関わり合いと参加を促します。重要な学習項目を詳しく説明するために描画・スケッチ・図示などを使い、教材用コンテンツへマークをつけたり、注釈を記入することでビジュアルなコミュニケーションを実現し、理解促進を図ります。新しいアイデアを描きとめることや会話に組み込むことで、より充実した学習体験を提供することができます。

利点

  • 液晶ペンタブレットを利用することで、授業中に教材用コンテンツへ追記を行い、説明を加えることができるので、生徒の授業への関わり合いと参加を促すことができます。
  • 教材用コンテンツを授業の前に準備・保存して後で配布することもでき、教材用コンテンツを最大限に活用することが可能です。また、新しいアイデアや情報を自由にいつでもすることもできます。
  • 液晶ペンタブレットは普段使用頻度が高くないユーザーでも誰でも簡単に利用することができます。
  • 従来型のホワイトボードや電子黒板に比べ、教師は何かを書き込むために生徒に背中を向ける必要はなく、常に生徒と向き合いながら授業を行うことができます。
  • どんな大きさの教室でも、十分な大きさで投影できます。
  • ワコムの液晶ペンタブレットはお気に入りのアプリケーションと組み合わせて使用できます。

集合型の授業のためのワコム製品

反転授業において効果の高い教材用コンテンツを作成するために、ワコムの液晶ペンタブレット製品やペンタブレット Intuosは活用されています。反転授業で利用する学習コンテンツは、生徒が授業以外で自分のペースに合わせ学習するためにも利用できます。説明の音声が付いた静的なスライドで繰り返し学習することよりも、授業と同様な自然な思考プロセスに合わせた詳解とコンテンツによりビジュアルに学習するできることが重要です。

教師は液晶ペンタブレット製品やペンタブレットIntuosを利用することで、生徒のすぐ隣りに座っているような感覚でコミュニケーションを取ることができます。ペンを利用することで、教材用コンテンツから自由に情報を活用することができるので、個別指導のような授業を行えます。また数学の方程式を解くときと同じように解答の過程を示したり、内容を理解しやすいように考え方と概念を図示することも可能です。また準備した教材用コンテンツに直接、注釈や図やメモ書きなども行うことができます。この授業を収録し、コンテンツとして活用することで、思考プロセスに沿ったコミュニケーションをビジュアルに再現することもできます。

生徒が授業以外でこれらコンテンツを活用した高品質な授業計画を立てる場合、反転授業を行っている教師は生徒との 1 対 1 で学習する時間をより多く持つことができ、自らの教育における能力と専門知識を最大限に活用することができます。

利点

  • 従来の紙や黒板を使った授業と液晶ペンタブレット製品やペンタブレットIntuosを活用した授業は同様なフローで実施できます。
  • 教師はペンを使い、数学や物理学や化学などの数式を解く場合、その答えを順に追って解説することができるので、生徒は思考プロセスを目で確認しながら理解することができるので、円滑なコミュニケーションを図れます。
  • 準備した教材用コンテンツを利用し、授業を行う場合でも、思い浮かんだアイデアをその場で書き加えることができます。
  • ペンタブレットIntuosは小型軽量であり、教材用コンテンツをどんな場所でも作成することが可能です。
  • 液晶ペンタブレットは画面に直接記入できるので、とても使いやすく、直感的に操作することができます。

反転授業のためのワコム製品

遠隔教育は、教師リソース不足や離れた場所にいる教師と生徒でも教育を行える適切な方法です。遠隔地の生徒に疎外感や孤立感を抱かせずに、質疑応答含む対話式授業をどのように実現するかが重要です。 ワコムの液晶ペンタブレットと ペンタブレットIntuosを利用することで、生徒が教室で授業に出席する、また教師と対面している場合と同様に、遠隔地にいる生徒も積極的に授業に関わり合いを持ち、授業に参加する機会を作り出すことに役立ちます。

液晶ペンタブレット製品と ペンタブレットIntuosでペン入力を利用することで、教師は自らコンテンツを作成することができます。教材用コンテンツにマークしたり、注釈を記入したり、ホワイトボードのように簡単に空白の画面に書き込みを行うこともできます。遠隔地の生徒でも同様に簡単に書き込みが行え、生徒の書き入れた内容も授業で活用することで、まるで学生が教師と同じ場所にいるような感覚で、その場で手書き入力された式や図を活用し、科目や授業に関する理解力を向上させることもできます。

遠隔地から参加している生徒は、自分の PC に接続したペンタブレット、または iPad や Android タブレットと一緒に スタイラスペンBamboo Stylus 製品などを利用することで、共有されたデジタルのワークスペースで教師と双方向に意見交換を行うことが可能です。

利点

教師にとっての利点:

  • ペンタブレットIntuosを利用することで手書き文字や描画、さらに音声でアイデアを交換することが可能です。 準備した教材用コンテンツを利用し、授業を行う場合でも、思い浮かんだアイデアをその場で書き加えることができます。
  • ワコムの液晶ペンタブレットはお気に入りのアプリケーションと組み合わせて使用できます。

生徒にとっての利点:

  • 遠隔授業と個別指導に参加している遠隔地の生徒は、ペンタブレットIntuosを使い、自分の意見を直接ペンで手書き入力することができます。
  • 生徒はペンタブレットIntuosを使い、デジタル形式で配布された宿題にダイレクトに解答を書き込んだり、そのままデジタル形式で宿題を提出することができます。この方法は、数学、理科、外国語のような科目で特に有効です。

遠隔教育のためのワコム製品

数学、理科、外国語の勉強にはどのような共通点があるでしょうか?ワコムの液晶タブレットやペンタブレットIntuos タブレット、スタイラスペン Bamboo Stylus製品を学習に活用し、手書きを学習に取り入れることで既にデジタル化を行った授業においてもより分りやすく、学習効果の高い授業を実施することができます。

数学や理科などの教科では、方程式、式、図等をよく利用するため、キーボードだけでは、書き表すことやコミュニケーションすることが難しいです。同様に、外国語の教師がその言語のライティングを教える際にも同様な課題があります。それは、実際に現地の人々が使っている文字や発音記号などを表現する場合に、この課題が顕著です。

ワコムのペンタブレットやスタイラスペン製品を活用すると、PC、Mac、iOS/Android/Windows の様々なPCやタブレット製品が導入されている教室において手書きを利用することができますペンタブレット Intuosは、WindowsやMac のPC 繋ぎ、また、ワコムのスタイラス製品は、iPadなどのモバイルデバイスとともに利用することで、ペン入力を可能にします。

利点

  • どんな教科でも手書きを利用することで、生徒の理解力と認識能力の向上を図れます。手書き入力の導入も至ってシンプルです。
  • 論述問題など筆記が必要な宿題と課題も、デジタル形式で保存し、提出することも可能です。
  • 学生は、書き取りの練習と数学の演習もデジタル形式で実施することができます。
  • スタイラスペンBamboo Stylus とiPad やAndroidなどのモバイル デバイス、またペンタブレットIntuosとWidowsや MacなどのPCとそれぞれに対応したBamboo Paperアプリを組み合わせて使うと、手書きで理科の実験ノートや学級日誌の作成なども行うことができます。

学習全般に適したワコム製品

Back to top
A+ A-