ワコムサービスの利用規約

We are going to update our Terms of Use with effect of October 21st, 2019.
You can also find the current Terms of Use here

本ワコムサービス利用規約(以下、「本規約」)は、お客様と株式会社ワコム(以下、「ワコム」といいます。)との間における法的拘束力を有する合意であり、お客様のアカウント登録及びhttps://store.wacom.jpにおいて利用可能なWacom Store (Japan)を含むワコムが提供するオンラインサービス(以下、総称して「ワコムサービス」といいます。)の利用について規定します。お客様のワコムアカウント(以下、単に「ワコムアカウント」といいます。)は、ワコムアカウントを使用するワコム及び/又はその関連会社が提供する他のオンラインサービス(以下、総称して「ワコムサイト」といいます。)へのサインインにも使用されます。また、お客様は、ワコムサービスを通じて提供される、又はワコムサービスを通じてワコム、その関連会社若しくは第三者から購入することができる、商品、ソフトウエア、サブスクリプション又はその他のサービス(以下、総称して「提供商品/サービス」という。)について、追加の条件が適用されることを承認し、同意します。

1 適用範囲、ワコムアカウント

1.1 本規約は、ワコムサービス、ワコムサイト及び関連する提供商品/サービスに対するお客様のアクセス及び/又はそれらの利用について規定します。ただし、特定のワコムサービス、ワコムサイト、及び/又は提供商品/サービスに対するお客様のアクセス及び/又はそれらの利用について、他の条件が適用されることがあります。お客様は、本規約と当該追加条件との間に矛盾又は不一致がある場合、当該追加条件が関係する特定のワコムサービス、ワコムサイト又は提供商品/サービスについてのみ、当該追加条件が優先的に適用されることに同意するものとします。かかる場合又は本規約に明示的に記載されている場合を除き、ワコムは、本規約の条項と異なる又はこれに追加される、注文書、受領書、受諾書、確認書、若しくはその他の文書においてお客様が提示した規約、条件、若しくはその他の条項を含む、規約、条件、又はその他の条項に拘束されません。

1.2 アクセス及び/又は利用する上でワコムアカウントを必要としないワコムサービス(又はその一部)については、お客様による当該ワコムサービス(又はその一部)へのアクセス及び/又は利用をもって本規約が効力を生じ、お客様は当該ワコムサービス(又はその一部)へのアクセス及び/又は利用をもって本規約を承諾したものとします。アクセス及び/又は利用する上でワコムアカウントが必要なワコムサービス及び/又はワコムサイト(又はその一部)に関しては、(i)下記第1.2.1条に記載された、お客様のワコムアカウントの登録及び有効化、又は別のワコムサイトで作成した既存のワコムアカウントを利用するワコムサービスへのサインイン、並びに (ii)下記第1.2.2条に記載された本規約への承諾により、本規約が効力を生じます。お客様は以下の事項については、特に明示の上、承認し、同意します。

1.2.1 お客様がユーザー名及びパスワードを選択し、有効な電子メールアドレスを提供することにより(又は既存のソーシャルメディアアカウントを利用してお客様の情報を提供することにより)ワコムアカウントを登録する場合、お客様が、ワコムがお客様に対し本規約に基づくワコムサービスへのアクセス及び利用の申し込みを行うことを依頼しているものとします。ワコムは、登録依頼の受領を電子メールにより確認します。ワコムがお客様に対し申し込みを行う場合(当該決定はワコムの独自の裁量によります。)、ワコムは、お客様に対し、電子メールにより有効化リンクを送付します。これは、上記の受領確認と組み合わせることもできます。お客様が有効化リンクをクリックしてワコムアカウントを有効化すると、お客様はワコムの申し込みを承諾したこととなり、本規約は効力を生じます。以下の条件も、ワコムサービスを通じて作成されたワコムアカウントに適用されます。

a) お客様は、ワコムアカウントの取得及び/又はワコムサービスの利用の一環としてワコムに提供する情報が正確、最新かつ完全であることに同意します。また、お客様は、お客様のワコムアカウント情報(電子メールアドレス及び請求情報(該当する場合のみ。請求先住所を含む。)を含みますがこれらに限定されません。)を、最新の状態に保持することに同意します。

b) お客様のワコムアカウントはお客様個人のものであり、お客様は、ワコムアカウントを第三者に譲渡、貸与、販売、再販売、サブライセンス、頒布、又はその他の方法により移転しないことを承認し、同意します。お客様のワコムアカウントに紐づいて提供商品/サービスの一部としてお客様に付与されたライセンスも同様にお客様個人のものであり、当該提供商品/サービスに適用される他の条件により移転若しくは譲渡が許可される場合、又は移転若しくは売却に関する上記制約が関連法令により禁止される場合を除き、上記制約に服します。また、お客様は、他のユーザーのワコムアカウント、ユーザー名又はパスワードを使用しないこと及び第三者に対しお客様のワコムアカウント、ユーザー名又はパスワードの使用を許可しないことに同意します。

c) お客様は、お客様のワコムアカウントのユーザー名及びパスワードを安全かつ秘密に保持します。お客様は、お客様のユーザー名及び/又はパスワードが第三者に開示又は取得されたと疑うに足る理由がある場合、ワコムに対し、直ちに通知することに同意します。ただし、加入組織(以下に定義します。)のためにお客様のワコムアカウントを利用する者は、ここでいう「第三者」に該当しません。

d) お客様は、お客様のワコムアカウントの全ての利用及び全ての取引並びに/又はそこで発生する費用について、お客様のみが責任を負うことを承認し、同意します。

1.2.2 お客様は、ワコムアカウントでワコムサービスに初めてサインインする際、本規約への承諾を求められます。お客様は、「同意する」をクリックするか、本規約への承諾を示すためにワコムサービスが要求する他の措置を採ることにより、本規約を承諾する必要があります。お客様が本規約を承諾しない場合、お客様は、サインインを完了できず、ワコムサービスを利用することができません。お客様のワコムアカウントは、お客様が承諾し、ワコムアカウントを作成した時点で適用される条件が適用されますが、本規約が許可する範囲で後に当該条件がワコムによって修正又は変更された場合はこれが優先します。

1.3 ワコムサービスは、18歳以上の方のみ利用することができます。したがって、18歳未満の方はワコムアカウントに登録することはできず、ワコムはワコムアカウントの申し込み又は提供を拒否することができます。また、ワコムは、ワコムが過去にお客様の旧ワコムアカウントを閉鎖していた場合又は過去にお客様との間で締結した他の契約を終了若しくは解約していた場合、ワコムアカウントの申し込み又は提供を拒否する権利を有しています。これにしたがい、お客様は、(i)18歳以上であること、及び(ii)ワコムが、過去に、お客様が所有若しくは管理していた旧ワコムアカウントを閉鎖又はお客様とワコムとの間で締結された他の契約を終了していないことを表明し、保証します。

1.4 お客様が、会社、事業体、又は団体(以下、総称して「加入組織」といいます。)のためにワコムアカウントを利用又は開設している場合、当該加入組織を本規約に拘束する権限を有する当該加入組織の正当な代理人であること、及び当該加入組織のために本規約に同意することを表明し、保証します。この場合、本規約の「お客様」とは加入組織を指し、加入組織は、自己に代わってワコムアカウントにアクセス及び利用する個々人が本規約の義務、制限、及び制約に服することを保証するものとします。

1.5 お客様のワコムアカウントは、該当する場合、ワコム及び/又はその関連会社が運営するオンラインサービス及びプラットフォームで利用することができます。ただし、お客様は、ワコムサービス上又はこれを通じて提供される提供商品/サービスの購入、アクセス、及び/又は利用に追加の条件が適用される場合があることを承認し、同意します。お客様は、提供商品/サービスの購入又は登録を完了する前に、かかる追加の条件を検討し、承諾する機会を付与されます。ただし、お客様による提供商品/サービスの購入、アクセス、又は利用は、当該提供商品/サービスに適用される追加の条件に対する承諾とみなされます。お客様は、本規約と当該追加の条件との間に矛盾又は不一致がある場合、当該追加の条件が関連する特定の提供商品/サービスに関するものである場合にのみ、当該追加の条件が優先的に適用されることに同意します。

2 ワコムサービス及びワコムサイトの利用

2.1 本規約に従い、ワコムは、お客様に対し、ワコムサービスにアクセスし、ワコムサービスの特性及び/又は機能を利用することを許諾します。お客様は、ワコムサービス及びワコムサイトを利用可能な時にいつでも利用することができます。ワコムは、原則としてワコムサービス及びワコムサイトが常時利用可能であることを予定しているものの、ワコムサービス及びワコムサイトが常に利用可能であるとは限りません(例えば、保守、変更、停電及びその他の理由の期間)。ワコムは、独自の裁量で、随時、お客様に対する通知の有無を問わず、ワコムサービス及び/又はワコムサイトで表示又は利用可能な特性、機能若しくはコンテンツを含む、ワコムサービス及び/又はワコムサイトのすべて若しくは一部へのアクセスを変更又は排除及び制限又は遮断する権利を有しています。

2.2 お客様は、ワコムサービスを通じ、ワコム、その関連会社及び/又は第三者との間で、特定の提供商品/サービスへのアクセス及び/又は利用に特化したその他の契約を締結することができます。第三者の提供商品/サービスについては、お客様による提供商品/サービスへのアクセス及び/又は利用は、それぞれの第三者の販売業者がお客様に提示するそれぞれの条件に従うものとします。本規約と特定の提供商品/サービスに固有の条件との間で矛盾がある場合、お客様による提供商品/サービスへのアクセス又は利用に関する限りにおいて、提供商品/サービスに固有の条件が優先します。

2.3 提供商品/サービスの販売業者は、ワコムサービス内のそれぞれの説明ページで明確に特定されます。第三者の提供商品/サービスは、お客様の便宜のため、ワコムによって提供されるものです。ワコムが特に明示する場合を除き、ワコムは、提供商品/サービスを提供する第三者提供者又は提供商品/サービスそのものを推奨するものではなく、また、ワコムは、お客様による当該第三者の提供商品/サービスへのアクセス又は利用に関して一切の責任及び義務を負いません。お客様が第三者の提供商品/サービスを購入又は登録する場合、お客様の取引はワコムとの取引ではありませんので、お客様は、取引実施前に、提供商品/サービスに固有の第三者の使用条件、その他の契約、及び/又はプライバシーポリシーについてご検討下さい。

2.3.1 ワコム又はその他のユーザーにより投稿されているか否かにかかわらず、古い情報又は誤り、不正確性若しくは遺漏(以下、「不正確性」といいます。)を含んだ情報が、ワコムサービス及びワコムサイトに随時存在します。ワコムサービス及びワコムサイト上の情報は、情報提供目的のものに過ぎません。ワコムは、いつでも当該不正確性を訂正する権利を有しています。また、お客様は、ワコムがユーザーコンテンツを事前にスクリーニングしていないこと、及びワコムサービス又はワコムサイトが不正確、欺瞞的、攻撃的、中傷的、違法又はその他好ましくないコンテンツを含まないことを保証するものではないことを承認し、同意します。お客様は、ワコムが当該頒布の受動的なチャンネルに過ぎないことを承認します。ワコムは、ユーザーコンテンツ又は他のユーザーの活動に関して一切の責任を負いません。ユーザーコンテンツについて何か懸念がある場合は、本規約第7条の著作権通知手続に基づきワコムにご通知下さい。

3 お客様の義務

3.1 お客様は、ワコムアカウント及びワコムサービスがデータバックアップサービスでないことを承認します。お客様は、ワコムアカウント及び/又はワコムサービスを利用して自身でアップロード又は共有するすべてのユーザーコンテンツについて、適切かつ定期的なバックアップを作成し、維持することに同意します。

3.2 お客様は、ワコムサービスの利用に関連して、法令違反、第三者に対して負っている契約若しくはその他法的義務違反、知的財産権の侵害若しくは不正使用、又は不法行為を行わないことに同意します。より具体的及び/又は追加的に、お客様は以下の行為を行わないことに同意します。

a) アクセスを許可されていないワコムサービスの領域に対するアクセス若しくは改竄若しくはそれらの試みを行うこと、又はワコム若しくは第三者のシステム若しくはネットワークの脆弱性を調査、スキャン、若しくはテストすること

b) ワコムサービスを解析模倣すること、ソースコードの発見に繋がる行為を行うこと、又はワコムサービスの領域、コンテンツ若しくはコードに対するアクセスを防止若しくは制限するために装備された措置を迂回若しくは回避すること

c) ワコムサービスの一部に関する変更、変換、又は派生物の作成を行うこと

d) ワコムサービスの適切な機能若しくは活動の妨害若しくはその試みを行うこと、ボット、スパイダー、クローラー若しくはその他の自動化されたシステム若しくはプロセスによるワコムサービスへのアクセス若しくはその試みを行うこと、又はrobots.txt除外ファイル若しくはワコムサービスへのアクセスを防止若しくは制限するために使用されるその他の措置を回避すること

e) 名誉毀損、侮辱、不正確、違法(知的財産、人格権、青少年保護若しくは同様の法令に反する場合を含みます。)、又は合理的な人間が、不快、攻撃的、わいせつ、ポルノ、嫌がらせ、脅迫、困惑的、苦痛、下品、嫌悪、人種若しくは民族攻撃又はその他不適切であるとみなすユーザーコンテンツを投稿、アップロード又は頒布すること

f) ウイルス、アドウェア、スパイウェア、ワーム、若しくは他の悪意のあるコード、若しくはワコムサービス若しくは提供商品/サービスのセキュリティ若しくはアクセス制御機能を損なわせる恐れのあるコンテンツ若しくはファイルを含むユーザーコンテンツを投稿又はアップロードすること

g) 個人若しくは事業体になりすますこと、個人または事業体との提携を偽ること、許可なく他のユーザーのワコムアカウントにアクセスすること、他人の電子署名を偽造すること、ワコムサービスを通じて送信された情報の出所、同一性若しくは内容を偽ること、又はその他同様の詐欺的行為を行うこと

h) 迷惑な商業メッセージを投稿若しくは送信すること又はワコムサービスを通じて利用可能な提供商品/サービス以外の商品、ソフトウエア、製品又はサービスを宣伝すること

i) ワコム若しくはそのライセンサーの製品又はサービスと競合又はこれらを妨害する製品の製作又はサービスの提供のためにワコムサービスを利用すること

j) ワコムサービスが、改正された米国医療保険の携行性と責任に関する法律(1996年制定)(以下、「HIPAA」といいます。)に準拠することを求められる方法でワコムサービスを利用すること

k) 政府発行の個人識別番号(社会保障番号、運転免許証番号若しくはパスポート番号など)又は保護された健康情報(HIPAAで定義するもの。)を保存、維持、処理又は送信すること

l) 特許、商標、企業秘密、著作権、パブリシティ権、又はその他の知的財産権若しくはその他の財産権を侵害又は不正使用すること

m) 違法、意図されていない、若しくは有害な目的のために、又は法令及び本規約を完全に遵守することなく、ワコムサービスにアクセス又は利用すること

n) ワコムサービスの基盤に著しい負担を及ぼすおそれのある行為を行うこと

o) 生命維持システム、医療機器、又は故障・不具合により人命を失うおそれのあるアプリケーションにワコムサービスを利用すること

p) ワコムサービスの通常の運用又は役割に支障をもたらすこと

4 知的財産権及びライセンス

4.1 ワコムサービスは、データ、テキスト、デザイン、グラフィックス、ロゴ、スローガン、インターフェース、アイコン、ソフトウエア、及びその他の情報(以下、単に「コンテンツ」といいます。)を掲載しています(但し、これらに限りません。)。ワコムサービスの利用に関連してお客様が投稿するコンテンツは、本規約において「ユーザーコンテンツ」といいます。ワコムが投稿又は制作するコンテンツは、本規約において「ワコムコンテンツ」といいます。

4.2 お客様は、ワコムサービスに投稿又は送信するユーザーコンテンツの所有権を保持しています。お客様は、本規約によって、ワコムに対し、(i)本規約に基づくワコムの義務の履行又はワコムの権利の行使に必要な範囲において、又は(ii)ワコムによる関係法令の遵守を確保するために、ユーザーコンテンツを単独で使用、複写、修正、投稿、送信、ダウンロード、保存、頒布、結合及びその他活用できる、非独占的で、ロイヤリティを無償とする、世界的かつサブライセンス可能なライセンス及び権限を付与します。

4.3 お客様は、ワコムに対し、(i)お客様がワコムサービス上に若しくはそれを通じて投稿若しくは送信するユーザーコンテンツを所有するか、又はワコムサービス上に若しくはそれを通じて当該ユーザーコンテンツを投稿若しくは送信する法的権利を有すること、及び(ii)ユーザーコンテンツ自体又はそれをワコムサービス上若しくはワコムサービスを通じて投稿することが、第三者のプライバシー権、パブリシティ権、知的財産権又はその他の所有権を侵害しないことを表明し、保証します。

4.4 ワコムサービス及びワコムサービスに掲載されているすべてのワコムコンテンツは、ワコム又はその関連会社、ライセンサー若しくはサプライヤーの財産であり、知的財産法により保護されています。本規約の明示の条項に基づく場合又はワコムの事前の書面による同意がある場合を除き、いかなる場合でもワコムコンテンツを使用、コピー、頒布、再公表、アップロード、投稿又は送信してはなりません。お客様に明示的に付与されていないすべての権利はワコムに留保されています。ワコムサービス及びワコムコンテンツの他の目的での変更又は利用は、ワコムの知的財産権を侵害する可能性があり、ワコムサービス及び/又はワコムコンテンツにおけるコピー又は知的財産権に対するいかなる権原もお客様に移転することはなく、すべての権原及び権利はワコムに帰属します。お客様には、本規約に従い、お客様がワコムアカウントを保持する期間中、お客様の内部的な非商業目的の利用のために、ワコムサービスを利用する限定的、非独占的及び移転不能なライセンスのみが付与されます。

4.5 ワコムは、お客様がワコムサービスを通じて提供するコメント、フィードバック、提案、アイデア(以下、「フィードバック」といいます。)を、匿名又は変名の形式で使用することができます。お客様は、全ての当該フィードバックを所有し続けることができるところ、フィードバックを使用、複製、開示、サブライセンス、頒布、修正及びその他商品化並びに活用するための非独占的で永久の、また、取消不能でロイヤルティ無償の世界的なライセンスをワコムに付与します(フィードバックは匿名又は変名の形式であることを条件とします。)。お客様がワコムによるフィードバックの使用を望まない場合、ワコムに対し当該フィードバックを提供しないで下さい。

5 免責事項;責任の制限

5.1 お客様はワコムサービスを利用するにあたり、そのリスクをお客様のみで負うものとします。ワコムは、明示、黙示又は法定を問わず、あらゆる種類のすべての表明及び保証について法令で認められる最大限の範囲の免責を受けるものとし、この表明および保証は、ワコムサービス、資材若しくはコンテンツ、又はワコムサービスを通じて購入若しくは提供された製品若しくはサービスに関連又は起因する、権原、品質、性能、商品性、適性、特定目的への適合性、正確性 並びに不侵害にかかる黙示の保証及び取引の過程又は履行の過程において行ったと主張される保証を含み、かつ、これらに限られないものとします。ワコムは、ワコムサービスが継続的で、迅速で、安全、又は誤りのないサービスであることを保証するものではありません。ワコムは、コンテンツの不正確性を含む過誤若しくは不備、又はワコムサービスの利用不能の結果としてお客様若しくは第三者が被る損害若しくは損失につき、一切の責任を負いません。ワコムは、お客様によるワコムサービスの利用に起因するお客様のコンピュータ機器又はその他の財産に対する損害又はこれらに影響を及ぼす可能性のあるウイルスについて、一切の義務および責任を負いません。

5.2 契約、過失、不法行為上の厳格責任、保証、又はその他のいかなる法的理論に基づくかにかかわらず、また、いかなる原因で生じたものであるかにかかわらず、ワコムは、お客様又はその他のいかなる者に生じた間接損害、偶発損害、特別損害、付随損害、又は懲罰的損害(逸失利益、のれん損失、使用損失、データ損失又はその他の無形の損失に対する損害(ワコムが当該損害の可能性を知らされているか否か、又は当該損害が予測可能であるか否かを問いません。)を含むがこれらに限定されません。)についての責任を、適用法令で認められる最大限の範囲において一切免責されます。お客様に対するワコムの全責任は、いかなる場合でも、(i)ワコムに対する初回クレームの発生前6ヶ月間にワコムサービスを通じて購入したサービス又は製品に関する料金の総額、又は(ii)100.00米ドルのいずれか多額の範囲を超えません。適用法令が特定の責任の制限又は免除を認めない場合があり、これにより上記制限の一部がお客様に適用されない場合があります。本規約の定めにかかわらず、本規約のいかなる規定も、詐欺又はワコムの重大な過失に起因する死亡若しくは人身傷害に関するワコムの責任を免除又は制限するものではありません。

5.3 これらの責任の制限は、あらゆるタイプのワコムの取締役、役員、従業員、ライセンサー、フリーランサー、下請業者、代表者及び代理人の利益のためにも適用されます。

5.4 疑義を避けるために付言すると、お客様がワコム、その関連会社及び/又は第三者からワコムサービスを通じて購入する提供商品/サービスの関連プロバイダーの保証及び責任について、関連する提供商品/サービスに適用される別個の条件があればそれが適用されます。

6 賠償

お客様は、本規約で明示的に許されている場合を除き、(i)本規約に対するお客様の違反、(ii)お客様のユーザーコンテンツ、又は(iii)お客様による(a)ワコムサービス、お客様のワコムアカウント若しくはワコムサイト、(b)ワコムコンテンツ、若しくは(c)ワコムサービスを通じて取得したサービス及び製品の利用に起因若しくは関連するすべてのクレーム、責任、損害、判決、裁定、損失、費用、支出又は料金(合理的な弁護士費用を含みます。)について、ワコム、その関連会社、ライセンサー及びサービスプロバイダー並びにそれらの役員、取締役、従業員、受託業者、代理人、ライセンサー、供給業者、承継人及び譲受人を防御し、これらに対し賠償し、これらを免責することに同意します。

7 著作権侵害通知手続

ワコムは、第三者の知的財産権を尊重します。お客様の著作物がワコムサービス上又はそれを通じて著作権侵害となる方法でコピー又は投稿された場合、copyright@wacom.comにご連絡の上、以下の情報をご提供下さい。

a) 侵害されたとされる著作物に関する説明

b) 侵害しているとされる物に関する説明

c) 侵害しているとされる物のワコムサービス上の所在に関する説明

d) お客様の連絡可能な住所及び電話番号(可能であれば電子メールアドレスを含む。)

e) お客様が、問題となっている使用が著作権者、その代理人、又は法令によって許可されていないと誠意を持って確信している旨の陳述

f) 著作権者を代理する権限を与えられた者の物理的又は電子的な署名

g)上記の情報が正確であり、かつ、署名者が著作権者又は著作権者を代理する権限を与えられている者である旨の陳述。ただし、偽証した場合に偽証罪が科され得る状況の下で行われた陳述に限る。

虚偽のクレームに対する罰則が存在する可能性があることから、侵害通知の提出前に、法律顧問に相談することを推奨いたします。

商標権の侵害又は他の知的財産若しくは第三者の権利の侵害若しくは不正使用に関するクレームについても、同様の手順をご利用下さい。

8 支払

ワコムは、ワコムサービス及び/又は一定の提供商品/サービスの利用に関連する一定の有料又は無料のサービスを提供することができます。ワコムは、随時、その独自の裁量の下、請求する全ての料金を修正又は変更することができます。お客様がワコムサービス及び/又は提供商品/サービスを利用する際に料金の支払いが必要となる場合、お客様には請求金額を検討し、承諾する機会があります。料金の支払いに同意しない場合は、取引を進めないで下さい。お客様は、ワコムサービス及び/又は提供商品/サービスの利用に関するすべての料金及び適用される税金を、有効な支払方法で適時に支払う責任を負います。お客様の支払方法が機能しない場合、又はお客様のワコムアカウントの期限が徒過した場合、ワコムは他の回収方法によって未払料金を回収することができます。これには、ワコムに登録されている他の支払方法を使って請求すること、又はワコムの判断で回収機関及び弁護士に委託することが含まれます。

9 期間及び終了

ワコムは、独自の裁量の下、理由の如何を問わず、通知することなく、かつお客様又はその他の者に対して責任を負うことなく、(i)お客様のワコムアカウントを閉鎖する、(ii)お客様のユーザーコンテンツを削除する、(iii)お客様によるワコムサイト又はワコムサービスのすべて又は一部の利用を制限する、及び(iv)ワコムサイト又はワコムサービス(又はその一部)を一時停止、変更又は中止する権利を有します。また、ワコムは、特定のIPアドレス又は機器番号のブラックリスト化などの利用可能な技術を利用することにより、ユーザーがワコムサイトやワコムサービスにアクセスしたり、コンテンツを投稿したりすることを阻止する権利を有します。ワコムによる正当な理由のない終了又は中止があった場合、お客様は、ワコムに既に支払った未使用の前払料金につき按分して払い戻しを受ける権利を有します。

10 本規約の変更

ワコムは、いつでも本規約を変更する権利を有します。ワコムは、ワコムサイトに変更の通知を掲示するほか、お客様が電子メールアドレスを登録している場合、登録されている電子メールアドレス宛に変更の通知を送信します。変更は、当該通知の掲示及びメール送信から30日後に有効となります。お客様によるワコムサービス又はワコムサイトの継続的利用は、変更された本規約に対する承諾とみなされます。

11 その他

11.1 ワコムの個人情報の利用に関する情報は、https://www.wacom.com/privacyで閲覧可能なプライバシーポリシーに記載されています。個人情報の収集及び処理におけるワコムのクッキーの使用については、 https://www.wacom.com/cookie-noticeで閲覧可能なワコムのクッキーに関する通知に記載されています。

11.2 本規約は日本法に準拠しますが、同法が定める抵触法の規定の適用は除外します。お客様は、適用可能な範囲において統一コンピュータ情報取引法の適用を明示的に受けず、これを除外することに同意します。

11.3 お客様は、東京地方裁判所の人的及び専属的管轄に服することに同意し、人的管轄の欠如、不便な法廷又はその他の理由で当該管轄又は裁判地に異議を唱えないことに同意します。

11.4 本規約は、日本語を使用して管理及び解釈されます。したがって、本規約の他の翻訳版と矛盾が生じた場合、本規約の日本語版が適用されます。

11.5 本規約のいずれかの部分が管轄裁判所によって無効又は執行不能であるとされた場合、当該部分は、元の規約が意図するところに最も近く、本規約のリスク配分を尊重する執行可能な条項に代替され、本規約の残部は引き続き効力を有するものとします。

11.6 本規約の違反に関してワコムが措置を採らない場合でも、ワコムが措置を採る権利又はその後若しくは類似の違反に関する権利を放棄するものではありません。

 

最終改定日: 2019年10月21日

Back to top
A+ A-