はじめよう

Bamboo Slate、Bamboo Folioはとても簡単につかえます。アイデアを紙に書き、実用的なデジタルノートにしましょう。クラウドサービスのInkspaceを活用し、書き込んだノートを同期させ、さまざまな端末で描画したり、文字を書きこんだりしましょう。Wacom Inkspaceアプリを使って簡単な修正、そしてさらに詳細な編集作業や、他のユーザーとの共有や共同作業は、無料アプリBamboo Paperでおこないましょう。

Bamboo Slate、Bamboo Folioを使うには以下のステップをご確認ください。

Bamboo Slate の詳細 ::before ::after
Bamboo Folio の詳細 ::before ::after

詳細について

Bamboo Slate と Bamboo Folio の詳細については製品ページをご覧ください


Bamboo Slate ::before ::after Bamboo Folio ::before ::after

作業開始

Bamboo Slate や Bamboo Folio を開始するには、スクロールダウンしてください


下へスクロール ::before ::after

Bamboo Sparkを始めてみませんか?

Bamboo Spark の利用開始



こちらをクリック ::before ::after

スピーディで簡単な 7 つのステップで開始できます

ステップ 1

マイクロUSBケーブルを使って、
スマートパッドを充電しましょう

ステップ 2

Wacom Inkspaceアプリを
モバイルデバイスにダウンロードしましょう

詳細はこちら

ステップ 3

モバイルデバイスの Bluetooth®を
オンにします

ステップ 4

Wacom Inkspaceアプリで表示される
セットアップ方法に従って下さい

詳細はこちら

ステップ 5

Wacom ID を作成し、
Inkspace Basic を有効化しましょう

ステップ 6

3 か月間無料の
Inkspace Plus をご活用ください

Bamboo Slate Folio Setup background

ステップ 7

Bamboo Paper をダウンロードして、
さらに編集したり、まとめたりすることができます。

スマートパッドにおける Inkspace のセットアップ

Wacom ID を作成すると、Inkspace Basicがスマートパッドで利用できるようになります。スマートパッドをさらに活用できるその優れた機能を利用するには、Wacom ID でWacom Inkspaceアプリにログインするか、(Wacom ID をまだ取得されていない場合は)登録をおこないましょう。5 GB のストレージでは自動同期が有効となり、Inkspace のウェブポータルを通して、同期されたデータに時と場所を問わずにアクセスすることができます。

スマートパッドでは、Inkspace Plus* を 3 か月間無料でご利用いただくこともできます。

  • 50 GB のストレージ
  • Ink to Text (手書きのテキストをリッチテキストに変換)
  • Ink to Vector (スケッチをベクターファイルにエクスポート)
  • Ink Collaboration を使えば、離れた場所から 1 つのキャンバスでリアルタイムの共同編集がおこなえます。

Inkspace への登録または Wacom ID によるログインを通して、スマートパッド* のセットアップをおこなうことで、Inkspace Plus をご利用いただくことができます。

*Inkspace Plusを3か月無料でお使いいただける本プロモーションは、Bamboo Slate および Bamboo Folioのみを対象としています。

詳細はこちら

書きはじめよう

Bamboo Folio または Bamboo Slate のペンを使用して紙の上に書きはじめましょう。ノート1ページ分を書き終えたら、スマートパッドのマルチファンクションボタンにあるページボタンを押してWacom Inkspaceアプリにメモを保存します。次のページに書きはじめる前にボタンを押し忘れても大丈夫。書いたメモには時間情報が一緒に記録されているので、Wacom Inkspaceアプリを使って整えることができます。

付属のペンは、専用のインクカートリッジ(替え芯)が必要です。Bamboo Folio、Bamboo Slateには、付属のペンにくわえ、替え芯が1本付属しています。替え芯は、ワコムストアで購入することができます。

WILLによる編集

Wacom Ink Layer Language (WILL) は、ハードウェアやソフトウェア、アプリケーションをつなぐユニバーサルインクエンジンおよびインクレイヤーフレームワークです。WILLテクノロジーにより、Bamboo FolioやBamboo Slate、Bamboo Paperで書きとめたメモは、書いて保存された後もクラウドサービスInkspaceの中で編集が可能なデータとして維持されます。

アクセサリ

スマートパッド 替え芯 (3本入り)

Bamboo Folio/Slate/Sparkに付属しているペンの専用インクカートリッジ 3 本セット。

まず、お使いのデバイスでBluetooth® スマートテクノロジーが有効になっていることを確認してください。その後、デバイスのアプリストアからWacom Inkspaceアプリをダウンロードして開いてください。Wacom Inkspaceアプリの指示に従ってお使いのBluetoothが有効化されたiOSまたはAndroid™デバイスのペアリングを実行します。詳細は、www.wacom.com/getting-started/bamboo-slate-folio-getting-started をご覧ください。

Bamboo SlateまたはBamboo Folioを同梱のUSBケーブルでコンピューターまたはUSB充電アダプターに接続することで充電します。

Wacom Inkspaceアプリの指示に従ってペアリングを実行してください。さらにBamboo SlateまたはBamboo Folioの電源がオンになっていることを確認してください。それからLEDランプが青色で点滅するまで6秒ほどボタンを長押ししてください。青色に点滅する前にLEDランプが3秒未満消えることにご注意ください。

Bambooスマートパッドの電源をオンおよびオフにするには、側面の左下にあるマルチファンクションボタンを使います。オンにする場合LEDランプが緑色になるまでこれを3秒ほど長押ししてください。
電源をオフにするには、LEDランプの灯りが消えるまで6秒ほどボタンを長押ししてください。

Bamboo SlateまたはBamboo Folioのスリープモードを解除するには「マルチファンクション」ボタンを押してください。

Bamboo Sparkは使用していない場合15分でスリープモードに入ります。Bamboo SlateまたはBamboo Folioのスリープモードを解除するにはボタンを押してください。電力を節約するため、使用しない際はBamboo SlateまたはBamboo Folioの電源を切ってください。

Bamboo SlateまたはBamboo Folioの完全な充電にはおよそ2.5時間かかります。

Bamboo SlateとBamboo Folioの電池は連続使用の場合、最大で8時間継続します。

Bamboo SlateまたはBamboo Folio用の専用ペンを使用する必要があります。専用ペンにはBamboo SlateまたはBamboo Folioと交信するためのテクノロジーが含まれています。

Yes, the Bamboo Slate and Bamboo Folio supports 1024 levels of pressure sensitivity. There will be some movement at the tip of the pen, as the pressure switch within the pen must allow for a certain degree of movement. If you feel that the movement is excessive, go to wacom.com and click on "Support”.

Yes, you can use your Bamboo Slate pen with another Bamboo Slate or Bamboo Folio.

ノートパッドやその他の製品オプションを含むアクセサリを購入するには、wacom.com で「ストア」をクリックしてください。

はい、Bamboo SlateおよびBamboo Folioの読取可能範囲内にあるなら紙の裏側を使用することができます。

はい、最大80ページまたはおよそ8mmまでの厚さのほとんどのオフィスサイズの用紙がBamboo SlateおよびBamboo Folioと使用可能です。ただし、読取可能範囲内でキャプチャされた作品だけがデジタルバージョンに変換されます。そのため、A5用紙(148 x 210 mm)の使用を推奨いたします。Bamboo Sparkは上から開くタイプの一般的なA5サイズのオフィス用ノートパッドと使用できるようデザインされています。

はい、最大80ページまでの標準的なRhodiaノートがBamboo SlateおよびBamboo Folioと互換性があります。

はい。Bamboo SlateとBamboo Folioは、対応機種であれば複数のデバイスで使えます。対応機種の一覧は wacom.com/comp でご覧ください。ただし、Bamboo SlateとFolioを同時に複数のデバイスに接続することはできません。Wacom Inkspaceアプリを複数のデバイスにインストールして使用することは可能です。ウェブでノートにアクセスするには、inkspace.wacom.com を利用してください。

LED 説明
青く点滅中  Bluetoothとペアリング
青色に点灯 電源オン、ページにコンテンツがあります
緑色に点灯 電源オン、ページは空です
オレンジ色に点滅 残量低下
オレンジ色に点灯 バッテリー充電中
赤く点灯 メモリ不足

Wacom InkspaceアプリはApple App StoreまたはGoogle Play Storeで無料でダウンロードできます。

Bamboo SlateとBamboo Folioの読取可能範囲はペンが画面上で検知される書き込みまたは作画用のエリアです。この範囲は小型のBamboo SlateにおいてはA5用紙とほぼ同じ、大型のBamboo SlateとBamboo FolioにおいてはA4用紙とほぼ同じです。

はい、Bamboo SlateおよびBamboo Folioの読取可能範囲内で書き込んだ内容がキャプチャされているなら、紙の端や角に書くことに問題はありません。読取可能範囲はスマートパッド上に長方形の点線で示されている範囲内であり、ノートパッドがおさまる場所です。


いいえ、Bamboo SlateとBamboo Folioを使用する際にデバイスを所有している必要はありません。Bamboo SlateとBamboo Folioは独自のメモリを持っており、最大100ページまで本体に保存できます。それ以降は他のデバイスへの転送が必要となります。メモリが一杯になっている場合は、ボタンの上の赤いLEDをランプが点灯することで通知されます。

はい、Inkspaceアプリの設定からページ方向を変更できます。全般設定で「デバイス方向」を選択します。ここでBambooスマートパッドのページ方向を90度回転することができます。

はい、ただし金属製の定規はBamboo SlateやBamboo Folioの機能に干渉してしまう可能性があるためプラスチックの定規を使うようにしてください。

他の電子デバイスと同じように、Bluetoothおよび無線信号はBamboo SlateおよびBamboo Folioに干渉する可能性があります。干渉を受けた場合、その場所から少なくとも10メートル離れた場所に移動してもう一度試してみてください。ご質問やご懸念があればワコムカスタマーケアにお問い合わせください。

  • サポートページをご覧ください。

    製品を登録された方には、最新の製品アップデート情報や登録者特典などのお得な情報をお送りします。

    サポート

Back to top
A+ A-