あなたのアイデアを解き放とう

創造力はいたる所に

テクノロジーはさまざまな事を可能にします。しかし時として我々の表現手段に制限を与えます。ワコムはWILLを通じて最も自然な表現方法を再定義し、皆様に手書きという手段を使って直観的かつ本能的にご利用いただけるこのテクノロジーを提供いたします。

WILLというテクノロジー

Wacom Ink Layer Language(WILL) は、ハードウェア、ソフトウェアおよびアプリケーションをつなぐ普遍的なインク・エンジンとインク層のフレームワークです。 WILLは、高品質デジタル・ペンとインク体験を提供するテクノロジーです。 パートナー様と開発者の皆様が利用可能な WILL SDK(Software Development Kit) は、すべての主要なプラットホームとオペレーティングシステムをサポートします

企業と開発者のために

WILLの導入を通じて、Wacomはパートナー様と個々の開発者の皆様に高品質なペンとインクの体験と長年培った資産とノウハウを提供いたします。SDKは容易な実装を可能にするように設計され、より複雑な環境においてもこのテクノロジーを容易に実装できるようにサポートしています。

ワコムの先進的なインク・テクノロジーWILLであなたのアプリケーション、ソフトウェア、OSまたはサービスをより魅力的なものにしましょう。

自然なライティングとスケッチ

WILL SDKは、開発者の皆様ににすばらしい自然な手書きの表現を可能にし、皆様の製品をより魅力的なものへと進化させます。SDKは手書きツールやスケッチツール、そして、さまざまな環境の間でインクを交換したり共有するためのフレームワークを提供します。。

インクの交換

Wacomのインクテクノロジーは、WILLテクノロジーを使っているソリューション間で制作物の交換を可能にします。インクを編集可能な状態で保存し、異なるWILL互換のアプリケーション、ソフトウェアまたはサービスにおいて利用することができます。

インクのコラボレーション

WILLは、インクを使った「リアルタイム・コラボレーション」を可能にする力を秘めています。メンバーが同じ部屋にいなくても、それぞれが異なる機器を使っていても、あたかも一つのキャンバスに絵や文字を描(書)くような体験が可能になり、実際に紙に書いているかのような直接的な感触で、見た目も自然な筆の動きをスムーズに再現できるようになります。

FAQ

すでにWILLを使用しているソフトウェアは公開されていますか? はい。例えばワコムが提供しているiOS、Android、Windows 8用Bamboo Paperアプリケーションです。
評価用WILL SDKの入手方法は? willdevelopers(at)wacom.comまでEメールでお問い合わせください。
評価用ライセンスの期限が終了しました。どうすればよいですか? 評価版WILL SDKを配布したワコムのWILLパートナーマネージャーにご連絡ください。
ワコムはWILLのテクニカルサポートを提供していますか? はい。ワコムがWILLに関して提供するテクニカルサポートには複数のプランがあります。詳細はwilldevelopers(at)wacom.comまでEメールでお問い合わせください。
WILLを商用プロジェクトに使用できますか? はい。ワコムではWILLについて魅力的な商用ライセンスモデルをご用意しています。詳細はwilldevelopers(at)wacom.comまでEメールでお問い合わせください。
WILL SDK 自身を再配布できますか? いいえ。WILLの通常の評価用/商用ライセンスにWILL SDK 自身の再配布オプションは含まれません。WILL SDKまたはWILLテクノロジを含む製品の再配布に関してご質問やご計画がある場合には、WacomのWILLパートナーマネージャーにお尋ねいただくか、willdevelopers(at)wacom.comまでEメールでお問い合わせください。
WILL SDKを統合するアプリに必要条件はありますか? 対応プラットフォームを対象とする限り、WILLが動作するアプリに特定の必要条件はありません。
WILLがサポートするOS、アプリケーションアーキテクチャ、言語について教えてください。 WILLは以下をサポートしています。
- iOS 6以上(対応言語:Objective-C)
- Android 4以上(対応言語:Java)
- Windows 8.1以上でのWindows ストア アプリ(対応言語:.NETおよびC++)
- WebGL完全サポートのWebブラウザ(対応言語:HTML5/Javascript)
WILLをWindows XP、Windows Vista、Windows 7、Mac OSX、Linuxといったデスクトッププラットフォームで使用することはできますか? これらのプラットフォームは公式サポートしていません。ワコムにご連絡のうえ用途をお聞かせください。
WILLをiOS向け新言語SWIFTから利用できますか? はい
WILLの使用に必要な開発環境はなんですか? 対応プラットフォームの開発環境であれば一般的にどれでも適合します。ただし、SDKと併せて提供されるデモプロジェクトには以下のIDEが必要です。
- AndroidではEclipse ADT
- iOSではXCode 5
- Visual Studio 2013以上およびWindows 8.1以上
WILLが動作するのはワコムのハードウェアだけですか? いいえ。WILLはあらゆる種類のポインティングデバイスで動作するよう設計されています。
WILLの動作にスタイラスペンは必要ですか? 必須ではありません。タッチやマウスでも動きます。
ブラウザで筆圧感知を得る方法を教えてください。 ドライバと併せて提供されるワコムのブラウザプラグインを使います。あるいは、ブラウザのサポート状況が拡大すればHTML 5のポインターイベントが使えます。
CreativityとProductivityデモプロジェクトの違いは何ですか? Productivityデモプロジェクトはインクデータを保持し描画するモードを使いますが、Creativityデモは直接描画するモードのグラフィックスを使います(直接ビットマップに描画します)。
インクとともにテキストを描画できますか? はい。WILLは、フォントタイプのレンダラや一般的な2Dグラフィックスライブラリなど、他のレンダリングエンジンと合わせて動作するように設計されています。
イメージをキャンバスにインポートできますか? はい。イメージはOpenGL/DirectX/WebGLのテクスチャとしてWILLのキャンバスにインポートできます。
サポートしているファイル形式を教えてください。 WILL SDKはWILLストロークのファイル形式をビルトインでサポートしています。既存アプリケーションとのファイル互換性についてご質問があればwilldevelopers(at)wacom.comまでお問い合わせください。
InkMLやSVGではなくWILLストロークのファイル形式を使用するのはなぜですか? SVGと比較して手書きコンテンツに最適化されています。また、InkMLとは異なり、入力に使用するデバイスに依存せず一定のグラフィック表示ができます。
インキングツールを自作できますか? はい。インキングツールは全体がパラメータ化されており、アプリケーション開発者は独自のツールを設計できます。
インキングのビューは各プラットフォームでどのように表されますか? AndroidではSurfaceViewまたはTextureView、iOSではCAEAGLLayer、Windows 8ではSwapChainPanel、ウェブではHTMLCanvasです。
インクはビットマップ形式に変換/エスクポートすることができますか? はい。デモプロジェクトにその例があります。
WILLでHTMLCanvas 2D contextを使用できますか? できません。
ASM.JSとは何ですか。その用途を教えてください。 WILL CoreモジュールはC++でコーディングされており、Emscriptenを使ってASM.JS(Javascriptのサブセット)にコンパイルされます。
Xcodeを使用している際に次のエラーが出ました。「Couldn't load WILLComponents.xcodeproj because it is already opened from another project or workspace」 これは、CreativityとProductivityのデモを同時に開くと発生します。両方のデモがサブプロジェクトとしてWILLComponents.xcodeprojを共有していることが原因です。解決策としては、両方のデモプロジェクトを閉じ、一度に開くのは片方だけにしてください。
WILLのファイル形式のファイルサイズを教えてください。 目安として、「フェルト」ツールで約1時間手書きすると(9353 ストロークで合計194090コントロールポイント)、ファイルサイズは1103 KBになります。
描画パフォーマンスについて教えてください。 目安として、iPad 3モデルMD331FD/A上で「フェルト」ツールを使って約1時間手書きすると、パフォーマンス状態は以下の通りです。
• ファイルサイズ: 1103 KB
• ストローク数: 9353
• 合計コントロールポイント数: 194090
• ファイル読み込みとレンダリングの総時間: 3.595228秒
• ストロークファイル形式の読み込みと処理: 1.154047秒
• レンダリング時間のみ: 2.441181秒

Contact Us

企業と開発者

あなたのアプリケーションやソフトウェアやOSで、WILLテクノロジーを使用したいと思ったら、以下のボタンをクリックしてご連絡ください。

プレスの問い合わせ

プレス関係の皆様でWILLに関してさらなる情報を知りたい場合は、以下のボタンをクリックしてご連絡ください。