ワコムソフトウェア製品

ワコムソフトウェア

A new layer of value

次世代のワコムデジタルインクソフトウェアを使用すると、手書き入力と電子サインの融合が必要な組織のワークフローにまったく新しい価値を提供することができます。

デジタルインクイノベーション

ワコムソフトウェアを使用すると、筆圧や筆順といったデジタルインクデータの作成、ビジュアル表示、およびセキュアな保管を総合的に提供することができます。このようなデータを利用すると、デジタルドキュメントワークフロー、多要素認証、および医療などのさまざまな用途において、手書きで入力された情報をあらゆるデバイスで確実かつ快適に表現することが可能です。

これらを通じて、ワコムはソフトウェアイノベーションの先駆け的存在となっており、世界中の組織が新しい方法でデジタルインクを活用できるようサポートしています。

sign pro PDF シリーズ
sign pro PDF

電子サインをデジタル文書に容易に取り込めるスタンドアロン型のアプリ。

sign pro PDF Enterprise API

電子サインを既存のモバイルシステムやワークフローに統合するためのAPI。



WILL™ SDKおよび開発ツール
WILL™ SDK

Wacom Ink Layer Language(WILL™)SDKを使用すると、開発者は既存のアプリケーションをデジタルインク機能で拡張したり、まったく新しいデジタルインクアプリケーションを設計したりすることができます。

Wacom Device Kit

無料のWacom Device Kitは、ワコムデバイスとWindows、MacOSX、およびAndroid上で動作するお客様のアプリケーションとの統合に必要なすべてのドライバ、API、およびライブラリにより、生のペンデータを提供します。



ワコムクリップボードを活用できるアプリ
CLB Create

Windows向けのアプリであるCLB Createを使用すると、紙の書類をレイアウトし、これに対応する電子サインフィールドなどの特定のフィールドタイプ定義を含むデジタルの書類を作成することができます。これは、特定のバーコードを作成してそれぞれのフォームに付与し、紙の書類がクリップボードに差し込まれたらすぐに、それに一致するデジタルの書類を呼び出せるようにすることで実現しています。

CLB Paper

CLB Paper iOS版およびAndroid版アプリを使用すると、紙の書類に印刷されたバーコードから、相当するデジタル版の書類を検索し、CLB Paperソフトウェア上で表示して書き込んでいくことができます。これは、ユーザーの入力を記録し、フォーム上の関連する互換テキストフィールドに手書き認証を適用することで実現しています。



電子サイン検証用開発ツール
Dynamic Signature Verification (DSV)

DSVは、ペンの向き、筆跡、ペンを浮かせているときの動き、筆圧、速度などの変数を含む動的データを評価して、基準となる本物のサインと照合することで電子サインの真正性を検証するソフトウェアです。

Static Signature Verification (SSV)

SSVは、取り込んだ2つの電子サインを自動的に比較する画像処理ソフトウェアです。

Signature Scope

この不正アクセス対策アプリケーションは、ワコムSDK for signatureで取り込んだ電子サインの真偽を判断する場合に必要となるデータを提供します。



詳しくはお問い合わせください
お問い合わせはこちら

お見積や貸出機のご依頼

Talk to an expert

ワコムでは、お客様が対面でのデジタルドキュメントワークフローを構築するうえで最適なソリューションを選択できるようサポートいたします。

FAQ

よくあるご質問

We answer

ワコム製品に関するよくある質問から検索してください。

Wacom for Businessについて