WILL™ digital ink SDKs

WILL™ SDK & 開発ツール

Digital ink app creation

ドキュメントワークフロー内で電子サインおよびフォーム処理機能をすぐに使用できます。

WILL™ SDKおよびサービスを使用すると、既存のアプリにデジタルインク機能を追加したり、まったく新しい機能をデザインしたりできます。どちらを行っても、メリットは同じです。

  • リスク削減: 電子ペンテクノロジーの世界的なマーケットリーダーが開発した実績のあるテクノロジーを使用できます。
  • 開発期間や市場投入期間が短縮: 一度の開発で、任意のデバイスまたはプラットフォームのアプリケーションにデジタルインクを追加できます。
  • コスト低下: 作業労力の軽減により開発期間を短縮できるため、デジタルインク機能を使用したアプリケーションの拡張や構築にかかるコストは、予想よりもはるかに低くなります。

どのようなアイデアのアプリでも、テストおよび実証済みのWILL™ SDKやサービスを使用することにより、すばやく容易に創造することができます。さらに、無料の評価版を今すぐダウンロードし、アプリの商品化までは無償でご利用いただけます。



  • WILL™ SDK for signature
  • WILL™ SDK for devices
  • WILL™ SDK for documents
  • WILL™ SDK for ink
  • Wacom Device Kit

WILL™ SDK for signature

WILL™ SDK for signatureを使用すると、ワコムの液晶サインタブレットや液晶ペンタブレットをサポートするアプリケーションを作成することができます。これにより、ユーザーは金融サービス、窓口でのお取引、その他幅広いシーンでサインをきれいに取り込み、表示することができます。

WILL™ SDK for signatureをワコムの液晶サインタブレットと組み合わせて使用すれば、何十万件ものやり取りを行った後でも、テキストと画像を画面上にはっきりと表示させることができます。

また、WILL™ SDK for signatureでは、以下の場合に必要なツールもすべて提供しています。

  • ワコムSTUシリーズの液晶ペンタブレット、ペンタブレット、Windows、iOS、またはAndroid搭載モバイルデバイス上でアプリケーションを使用して手書きの電子サインを取り込む場合
  • ドキュメント内でデジタルインクを自動レンダリングする場合
  • 取り込んだ電子サインをあらゆるドキュメントワークフローに容易に統合する場合
  • ダイアログボックスを使用して筆跡情報を含む電子サインデータを取り込み、まったく新しい用途向けに幅広く利用する場合

WILL™ SDK for signatureの特長を詳しくご確認いただけます。


WILL™ SDK for devices

WILL™ SDK for devicesを使用すると、ワコムハードウェアとサードパーティ製インクデバイスをアプリケーションに統合することができます。Common Device Library(CDL)SDKは現在、ワコムスマートパッド(Folio、Slate、Clipboard)、Intuos Pro Paper Edition、およびiPad ProのApple Pencilをサポートしています。今後のリリースでは、追加のワコムデバイスやその他のベンダーのインクデバイスもサポートされる予定です。また、デバイスに応じて、プラットフォーム固有のパッケージをiOS、Android、Windows、UWP/デスクトップ、Webで利用することもできます。その他のワコムデバイスのサポートは、無料のWacom Device Kitで提供しています。

WILL™ SDK for devicesに含まれているCommon Device Library(CDL)SDKは、単一のライブラリとして設計されており、ワコムデバイスやサードパーティ製デバイスを介してさまざまなタイプのペンまたはタッチ入力を処理することができます。これには次のようなメリットがあります。

  • 1つのライブラリを統合するだけで複数の ペン入力デバイスをサポートできるため、開発者の実装時の労力が軽減
  • 高い柔軟性により、ご使用のアプリケーションでワコム以外のデバイスをサポート可能
  • WILL™を最大限に利用できる高い自由度により、元データを内部/バックエンド用にすることなく、デバイスからRAWデータを受信して高品質のフロントエンドとUIを提供
  • WILL™テクノロジーのスムーズな統合により、ワコムのデジタルインクエコシステムに容易にアクセス可能

WILL™ SDK for documentsの特長を詳しくご確認いただけます。


WILL™ SDK for documents

WILL™ SDK for documentsは、手書きのテキストやサインなどのデジタルインク情報を含む各種書類データの処理をサポートしています。そのため、紙とデジタルのワークフローの統合が必要なアプリケーションでの使用に最適です。このSDKには、インクドキュメントで使用するメタデータの管理に必要なインクドキュメントメタデータライブラリが含まれています。

  • フォーム入力の用途では、インクフォームフィールドのメタデータを通じてテキストフィールドと電子サインインクフィールドを区別することが可能です。
  • 固有のページIDをPDFドキュメントのテンプレートページにマッピングします。
  • フォーム取り込み用デバイスの情報
  • RAWデータとして保存またはWILL™データとして圧縮されたコンテンツインクデータ
  • FSS形式で保存された生体情報を含む電子サインデータ

WILL™ SDK for devices、WILL™ SDK for signature、ワコムクリップボードなどのデジタルインクハードウェアを統合すると、フォーム入力、文書化、および電子サインのワークフローに関するあらゆるアプリにワコムのエンドツーエンドのテクノロジーソリューションを利用できるようになります。

WILL™ SDK for documentsの特長を詳しくご確認いただけます。


WILL™ SDK for ink

WILL™ SDK for inkを使用すると、ペンの入力データを取得してすべてのストロークを美しいデジタルインクで描画したり、優れたプレミアムデジタルインク機能をアプリケーションに組み込んだりできるようになります。また、インク内容をWILL™ファイル形式(.will)で保存したり、アプリケーションやプラットフォーム間でやり取りすることも可能です。

WILL™はさまざまな入力テクノロジーをサポートしており、次のモジュールを通じて最も魅力的な最高品質のデジタルインク出力を生成します。

  • ペンの動きや筆圧など、それぞれの入力タイプに固有の特徴を反映したパス生成およびスムージング
  • 高度なリアルタイムストロークレンダリング機能を提供するラスタライザ
  • WILL™ストローク数学モデルを利用した操作サポート編集機能
  • WILL™ストロークデータのエンコードおよびデコードを行うシリアル変換エンコード

WILL™ SDK for inkでは、iOS、Android、Windows UWP、およびWebに対応したプラットフォーム固有のパッケージも提供しています。


Wacom Device Kit

Wacom Device Kitは、ご使用のアプリケーションにワコムデバイスを組み込む場合に必要な、ペンの位置、筆圧、およびタイミングのデータを提供します。このキットは次の5つの要素で構成されます。

STU SDK

WindowsおよびLinuxプラットフォーム上のすべてのSTUシリーズサインタブレットからペンデータを取得できる入力ライブラリ。

Bluetooth Stylus SDK

この入力SDKを使用すると、スタイラスデバイスの検出と接続が可能になり、筆圧やボタン状態の生データも受信できるようになります。また、タッチリジェクションを有効にする機能も含まれているため、デジタルキャンバスを有効利用して、手書き文字を自然な位置に保つことができます。

このSDKでは、次のスタイラス製品がサポートされています。

  • Intuos® Creative Stylus
  • Intuos® Creative Stylus 2
  • Bamboo Stylus fineline
  • Bamboo Fineline 2
  • Bamboo Fineline
Wintab API

ワコムタブレットやWindowsまたはMacOS X搭載の液晶ペンタブレットからデータを取得するための入力API。互換タブレットには以下が含まれます。

  • ワコム液晶ペンタブレット
  • ワコムペンタブレット
Wacom Digitizer Pen for Android API

ペンテクノロジーをAndroid上で動作するアプリケーションに統合するための入力API。

Feel Multi-touch API

これらのAPIを使用すると、ワコムタッチタブレットの強力な指検出機能や位置特定機能を活用したアプリケーションを構築できます。この連続的に収集した指情報を使用すると、カスタムジェスチャーや画面上での直接操作など、独自のアプリケーション機能を作成することができます。

無料のWacom Device Kitを今すぐダウンロード

すべての技術情報およびダウンロード手順については、ワコムのウェブサイト開発者向けドキュメントを参照してください。


詳しくはお問い合わせください
お問い合わせはこちら

お見積や貸出機のご依頼

Talk to an expert

ワコムでは、お客様が対面でのデジタルドキュメントワークフローを構築するうえで最適なソリューションを選択できるようサポートいたします。

FAQ

よくあるご質問

We answer

ワコム製品に関するよくある質問から検索してください。

Wacom for Businessについて