Bamboo Inkをはじめましょう

順を追って簡単にセットアップ。ここでは、Bamboo Inkを設定して、Windows Inkで使い始める手順を説明します(Windows InkはWindows 10のペン入力のサポート機能です)。

ステップ 1:お使いの Windows デバイスの互換性を確かめます

お使いの Windows デバイスが Bamboo Inkに対応しているかどうかを確かめます。このページに掲載されている動作確認済みデバイスのリストをご参照ください。 


デバイスによってはドライバの更新が必要になります。お使いのデバイスが更新対象であるかどうかは、以下のリストをご覧ください。 お使いのデバイスがリストになければ、ステップ2に進んでください。 お使いのデバイスがリストに含まれている場合には、こちらをクリックして、Bamboo Ink stylus ドライバをお使いのデバイスにダウンロードします。ダウンロードしたファイルをデバイスに保存し、ダブルクリックします。画面に表示される指示にしたがって、ドライバをインストールします。

  • Dell™ Venue 10 Pro™
    5000 Series (5055) 
  • Fujitsu LIFEBOOK® P727 
  • Fujitsu LIFEBOOK® T937 
  • HP EliteBook x360 1030 G2
  • HP Elite x2 1012 G1 
  • HP Elite x2 1012 G2

  • HP ENVY 8 Note Tablet 
  • HP Pro x2 612 G2
  • Lenovo™ Miix 510 
  • Lenovo™ Miix 720 
  • Lenovo™ ThinkPad®
    10 (2nd Gen)

  • Lenovo™ ThinkPad®
    X1 Tablet
  • Lenovo™ ThinkPad®
    X1 Yoga™
  • Lenovo™ ThinkPad®
    Yoga 260 
  • Toshiba dynaPad N72

ステップ 2:電池を装着します

Bamboo Inkのキャップを回してロックを解除します。キャップを外して、マークに合わせて電池を正しい向きに挿入します。

ステップ 3:対応しているモードを選択します

Bamboo Inkは2つのモードがあります。お使いのWindowsデバイスに合わせてモードを正しく設定する必要があります。Bamboo Inkがお使いのデバイスに合わなければ、簡単な操作でモードを切り替えます。


モードを切り替えるには、2つのサイドスイッチを同時に2秒間押します。前のモードに戻るらには、同じ手順を繰り返します。

ステップ 4:Bamboo Inkとデバイスをペアリングします

Windows 10のデスクトップのスタートボタンをクリックし、[設定]、[デバイス]の順に選択します。[Bluetooth]を選択して「オン」に設定します。

Bamboo InkのペントップをLEDランプが点滅するまで長押しします。

検出されたデバイスの一覧にある「Bamboo Ink」を選択して、[ペアリング]をクリックします。

ステップ 5:Windows Inkワークスペースにあるアプリを開きます

Windows Inkを呼び出すには、ペンのトップボタンを短く1回押します。※設定でカスタマイズ可能です。

画面スケッチを開くには、ペンのトップボタンを短く2回押します。※設定でカスタマイズ可能です。

付箋を開くには、ペンのトップボタンを長押しします。※設定でカスタマイズ可能です。

好みに応じて、デフォルト設定を変更できます。スタートボタンをクリックして[設定]、[デバイス]の順に選択し、[ペンとWindows Ink]でBamboo Inkの動作を設定してください。

これでBamboo Inkの準備は完了しました。必要に応じて設定を変更することもできます。

好みの書き味になるように適切なペン先を選びます


Bamboo Inkには、3タイプの替え芯が入ったペン先キットが付属しています。


芯を交換するには、キットにある芯抜きの穴にペン先を差し込んで、ペン先を少し傾けてから芯を抜きます。


キットの中身を引き出します。左からハード(黒)、ミディアム(グレー)、ソフト(黒)の順に替え芯が並んでいます。お使いのデバイスやアプリなどに合わせ、お好みに応じて最適な書き心地の芯を選んでください。

nib replacement graphic

ペンの軸に替え芯をそっと差し込みます。正しく装着されるまでしっかり差し込んでください。

スタイラスペン用アプリをチェックします。

 

Windows Ink

Windows Inkにインストールされている付箋、スケッチパッド、画面スケッチという3つのアプリがBamboo Inkで使用できます。それらの専用アプリを使って、アイデアをメモしたり、スケッチしたりできます。

 

Bamboo Paper

Bamboo Paperを使えば、お使いのデバイスが紙のメモ帳に早変わり。ペンで紙に書き込むような自然な感覚で手軽にメモ書き、スケッチ、描画ができます。

Bamboo Paperの詳細を見る ::before ::after

部品

ワコムストア

Bamboo Ink用ペン先キット (ACK42416)

Bamboo Ink用ペン先キットには、3タイプのペン先(ソフト・ミディアム・ハード)が揃っています。好みに合わせてペン先を選んで、書き味を調整できます。デバイスに本物のペンで描き込んでいるような使い心地です。 *Bamboo Ink本体に標準で1セット付属しています。

よくある質問と回答

セットアップでお困りですか?

カスタマーサポートへ ::before ::after

Back to top
A+ A-