Bamboo Ink使いかた

Bamboo Inkの初期設定方法やWindows Inkとの使いかたについてご紹介します。(Windows InkはWindows 10のペン入力のサポート機能です)

Windows Inkに最適なスマートペン。メモ書き、ノートテイキング、アノテーションに。4つのステップでBamboo Inkを簡単にセットアップ。セットアップ動画はこちら。

ステップ 1:デバイスとの互換性を確認

お使いの Windows デバイスが Bamboo Inkに対応しているかどうかを確認します。こちらの動作確認済みデバイスのリストからご確認ください。

デバイスによっては最適な操作を行うため、ドライバの更新が必要になります。こちら をクリックして、Bamboo Ink stylus ドライバをお使いのデバイスにダウンロード、インストールします。

ステップ 2:電池の装着

キャップを回して外します。

電池のマイナスを外側に向けて電池を入れます。

ステップ3:サイドスイッチの設定

サイドスイッチの初期設定は以下の通りです。
A: 右クリック
B: 消しゴム  *設定はアプリによって異なります

ステップ4:ペンモードを選択

Bamboo Inkは2つのペンモード(プロトコル)があります。お使いのデバイスに合わせて正しいペンモードに設定する必要があります。ペンモードは以下の手順で切り替えられます。

2つのサイドスイッチを同時に2秒間押します。前のペンモードに戻すには、同じ手順を繰り返してください。

これでBamboo Inkの準備は完了です。

ペン先(別売)の交換の仕方

ソフト、ミディアム、ハードの替え芯が入ったペン先キット(別売)で、好みの書き味が選べます。ペン先は以下の手順で交換ができます。

ペン先キットの芯抜きの穴にペン先を差し込み、ペン先を少し傾けてから芯を抜きます。

ペン先キットには、左からハード(黒)、ミディアム(グレー)、ソフト(黒)の順にペン先が入っています。

ペンの軸に替え芯をそっと差し込みます。正しく装着されるまでしっかり差し込んでください。

動画を見る

スタイラスペン用アプリ

Windows Ink ワークスペース

Windows Inkの付箋、スケッチパッド、画面スケッチでメモやスケッチができます。

Bamboo Paper

お使いのデバイスがノートに早変わり。ペンで紙に書き込むような自然な感覚で手軽にメモ書き、スケッチ、描画ができます。

Bamboo Paperの詳細はこちら ::before ::after

よくあるご質問(FAQ)

Back to top
A+ A-