サッカーを通じたワコムの新たな取り組み

FC KAZOと共にチームと地域を育てたい。ワコムは埼玉県加須市のフットボールクラブ「FC KAZO」のオフィシャルパートナーとして活動を支援しています。

 

ワコムの本社がある埼玉県加須市に「FC KAZO」というフットボールクラブがあります。「加須市から世界へ」をチームの理念に掲げ、サッカーをはじめとするスポーツを通じて、地域の方々との活動に取り組んでいるFC KAZO。ワコムはその理念に共感し、2019年度からオフィシャルパートナーとしてチームの活動を支援しています。サッカーを通じたワコムの新たな取り組みについて、プロジェクトを担当する見田佳則と鎌塚俊に話を聞きました。

 

FC KAZOのパートナープログラムに参加したきっかけを教えてください。

見田:
ある日、FC  KAZOさんが本社を訪ねてきたんです。加須市にこんなにユニークな企業があるのか、ぜひパートナーとして支援願えないかということでした。企業が地域のサポーターを巻き込み、サッカークラブを育てていくといった事例がありますが、FC KAZOでも同様のコンセプトを大切にしています。特に、地域でのボランティア活動やイベントを率先して行い、地元の人たちと一緒にチームを育てていきたいというオーナーの意気込みに強く共感しました。ちょうど会社で社内提案による事業を支援するプログラムの発表があり、総務という立場からも地域のために何か活動に取り組みたいと考えていた時でした。FC KAZOと共に活動することで地域とのつながりを深め、将来的に公共団体や自治体、教育の場面でもワコム製品を使ってもらうことができるのではないかと考え、セールスチームの鎌塚と一緒にプロジェクトを企画することになりました。

鎌塚:
社会貢献活動に興味があり、ワコムもそういった取り組みを進めるべきだと思っていたので、すぐに参加を決めました。自身に子どもが生まれ、FC KAZOが取り組む子ども向けの活動に共感したこともきっかけです。会社として教育の分野に取り組むことの必要性を感じていたこともあり、事業としても何かできるのではないかという思いもありました。

見田:
鎌塚と私はもともとセールスチームで一緒に仕事をしていたことがあり、二人とも社のサッカー部に所属しています。鎌塚は埼玉にもゆかりがあって、このプロジェクトにぴったりの人材でした。

鎌塚:
条件が揃いましたね(笑) 自分ともつながりがあって、やりがいを感じています。

 

オフィシャルパートナーの活動について教えてください。

見田:
さまざまなパートナープログラムがあったのですが、今回はスタッフジャージへのロゴ掲載という支援の形を選びました。

鎌塚:
スタッフジャージというのが重要なんです!ユニフォームではだめなんですよね。

見田:
そうですね。FC KAZOは、保育園や幼稚園でサッカー教室を開催したり、イベントに参加したり、加須市の地域事業に積極的に取り組んでいます。そういった活動を支えているのがスタッフのみなさんです。地域の人たちにより近いところで支援につながるのがスタッフジャージだと考えました。ワコムのことを地域の方々にもっと知ってもらいたいという思いもありました。

 

オフィシャルパートナーのプログラムを越えて、新たな取り組みを提案したそうですね。

見田:
はい、サッカー大会の会場で製品展示をさせてもらえないかという提案をしました。ワコムのテクノロジーでFC KAZOをもっと強くしたいという思いがあります。昔ワコムで「VisiCoach」という液晶ペンタブレットを作っていて、 サッカーなどスポーツのコーチングに使われていました。この端末を活用すれば、実際の試合映像を見ながら、作戦指示をその場で書き込むことができます。今はドローンもあるので、空中から試合を撮影してフォーメーションの見直しにも使えるのではないかなど、新しいアイデアも含めてお話しました。FC KAZOのオーナーも、海外のサッカーチームがITを活用してチームを強化していることをご存知でしたので、興味を持っていただけたのではないかと思います。そして、2019年夏の少年サッカー大会で製品展示が実現しました。

 

サッカー大会での製品展示への反応は?

鎌塚:
2019年7月に開催された小学5年生のサッカー大会で、初めて屋外での製品展示に挑戦してみました。子どもたちは製品体験をとても喜んでくれました。みんな夢中になって、コーチに怒られるまで触っていました。

見田:
本当に素直に楽しんでくれていました。チームメイトや違うチームの子たちも、絵を描き出すと皆すぐ仲良くなり、体験コーナーが和気あいあいとしていました。初めて屋外で展示をしたので、電力が足りないという予想外のこともありましたね(笑)

鎌塚:
液晶ペンタブレットを6台くらい持って行ったのですが、結果2台しか展示できませんでした。風が強くて看板が置けなかったり、日差しも強かったので、画面が見えやすいように製品の展示場所を考えたり、工夫が必要でした。でも、たくさんの子どもが集まってくれて。絵だけでなく字でも表現して、何でもいいから描きたいという気持ちがあふれていました。

見田:
ワコムのことは全然しらなくて、もっと体験をして欲しかったのですが、どうしても電力が足りませんでした(笑)

 

今後の目標は?

鎌塚:
ワコムの社員としても、個人としても、もっとこのプロジェクトに関わっていきたいと思える関係をFC KAZOと作っていきたいです。次回はより大きな大会での製品展示が決まっていて、社内でプロジェクトメンバーの増員も予定しています。

見田:
開発など他の部署のメンバーも増やしていきたいですね。社内にも活動を浸透させていけたら面白いなと思っています。それから、サッカーをきっかけに、加須市のみなさんにもっとワコム製品を知ってもらい、使ってもらえたら嬉しいです。本社がある加須市に継続して貢献していきたいです。

鎌塚:
FC KAZOの「7年計画」もありますしね!順調にいけば7年後、Jリーグのトップチームになっているかもしれないです。

見田:
「7年計画」をぜひ実現してもらいたいですね。将来も見据えて、FC KAZOと一緒にチームと地域を育てていけたら最高です。

 

 

s

私たちの灯りー“Mam and Dad’s Child Interest” by Stella Wang

「心の灯り」をテーマに、二回目となるアートコンテストを開催しました。思いもよらぬ出来事にさまざまな変化が起こる中、今、そして未来へと続くチームメンバーの心の灯りを作品を通して紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

s

私たちの灯りー秋山でのひととき/山本高廣

私たちの取り組みで大切にしている「灯り」をテーマに、チームメンバー(社員)を対象にしたアートコンテストを開催しました。チームメンバーによる投票で選ばれた三作品を紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

ステイホーム期間中に小学生向けオンラインお絵描き教室を開催

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、外出自粛をしていた子どもたちに何か楽しい時間を提供したい。FC KAZOとイラストレーター・すいいろさんと共に、小学生を対象としたオンラインお絵描き教室を開催しました。

詳細はこちら ::before ::after

サッカーを通じたワコムの新たな取り組み

FC KAZOと共にチームと地域を育てたい。ワコムは埼玉県加須市のフットボールクラブ「FC KAZO」のオフィシャルパートナーとして活動を支援しています。

詳細はこちら ::before ::after

私たちの灯り-"The spark is in you! Mirror portraits during times of isolation" by Oliver Madlener

私たちの取り組みで大切にしている「灯り」をテーマに、チームメンバー(社員)を対象にしたアートコンテストを開催しました。チームメンバーによる投票で選ばれた三作品を紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

休校中の子どもたちにオンライン・スケッチノーティング講座

新型コロナウイルス感染拡大防止による休校中の子どもたちを対象に、ドイツのチームメンバーがオンラインワークショップ「Young Wacom」を開催しました。

詳細はこちら ::before ::after

3.KOPPAのはじまり/
「旅するKOPPA」の物語

KOPPAのはじまりは2019年4月。伊藤さんの展示制作がきっかけでした。展示後も「また誰かに使ってもらえるものにしたい。」KOPPAに込められた思いをお聞きしました。

詳細はこちら ::before ::after

2.もう、壊さなくていい/
「旅するKOPPA」の物語

自分たちで組み立てて、広げて、しまって、また一緒に旅に出る。壊すのが当たり前であった展示什器の在り方を大きく変えた「旅するKOPPA」が誕生しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

1.KOPPAとの出会い/
「旅するKOPPA」の物語

建築現場の端材を活かせないかと、建築家の伊藤維さんの呼びかけで生まれた家具「KOPPA」。ワコムとの出会いは小さな偶然がきっかけでした。

詳細はこちら ::before ::after

カスタマーサポートを通じてアーティストの「人生」を応援したい

アメリカでカスタマーオペレーションを担当するアレックス・ダフィーは、アーティストを支援する新たなプログラムを立ち上げました。このプログラムを立ち上げるきっかけとなったアーティストのデボン・ブラッグ氏との物語について、アレックスに聞きました。

詳細はこちら ::before ::after

ありがとうのページ

私たちの毎日を支えてくださっている「誰か」へ、ありがとうの気持ちを届けたい。チームメンバーから寄せられたメッセージです。

詳細はこちら ::before ::after

私たちの灯り-“That Spark Inside”
by Simone Wolters

私たちの取り組みで大切にしている「灯り」をテーマにアートコンテストを開催しました。作品を通して、チームメンバーが大切にしている心の灯りの存在を紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

s

未来のエンジニアたちにマーケティングの講義

東京工業高等専門学校で技術者を目指す学生を対象にマーケティングの講義を行いました。

詳細はこちら ::before ::after

s

一台に最後まで責任を持つ
セールス担当の取り組み

高校生のデジタルコンテンツ制作支援のため、倉庫に眠るペンタブレットを高校のクラブ活動や学校対抗のコンテストの副賞として毎年贈呈しています。

詳細はこちら ::before ::after

未来の教育を考える
ライフロングインク×AI

学習中の視線データとペンの動きから、生徒個人の学習特性を明らかにし、個人に合わせた学習環境を提供する「教育向けAIインク」を開発しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

授業をもっと楽しく、クリエイティブに
Wacom Intuosを学校に導入

ブルガリアで働くソフトウエアデザイナー、ヨアナ・シメノヴァは、子どもたちのITクラスをもっと楽しくしたいとWacom Intuosを学校に導入しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

絵本『フェミニズムはみんなのため』を出版

アメリカのUXデザイナー、エリザベス・ローズは、平等なジェンダーの社会の実現を目指し、フェミニズムに関する絵本『フェミニズムはみんなのため』を制作・出版しました。

詳細はこちら ::before ::after

サステナビリティに関連した当社の規範、
方針、体制等

詳細はこちら ::before ::after

Back to top
A+ A-
サポート