j


1.KOPPAとの出会い/
「旅するKOPPA」の物語

 

「木っ端」からできた家具「KOPPA」。建築現場の廃材の中でも最も多いという、半端な長さの角材や板材を使って作られている。建物の一部になるために作られたのにごみになってしまう端材を活かせないかと、建築家の伊藤維さんの呼びかけで生まれた。
そんなKOPPAとワコムの出会いは、小さな偶然がきっかけだった。2019年7月、代表取締役兼CEOの井出信孝とテクニカルマーケティングチームのリタ・チェンは京都にあるmui Lab, Inc.の新しいオフィスを訪問した。そのオフィスを設計したのが伊藤さんだった。「京町家の構成を模したオフィスなんです」伊藤さんが語るコンセプトが印象的だった。



井出
muiのオフィスでお会いしたのをきっかけに、伊藤さんが参加する展覧会(※)に行ったんですよね。
※「Under 35 Architects exhibition 35歳以下の若手建築家による建築の展覧会」

リタ
いろいろな建築家の作品が紹介されていて、目立たない隅の方に本棚があったんです。

井出
そのときは作品なのかもわからなかったけれど、「これは使えるんじゃないか」と思ったんだよね。僕らの展示では、単にテクノロジーを見せるだけではなくて、ストーリーを見せることを大切にしていて、コンセプトがぴったりだなと。次の展示まで時間がなかったから、その場で「これ買えませんかね?」って話をしたんです。


会場にいたのは、伊藤さんと、企画担当の萌ちゃん(土中萌)、大工のしょーきちさん(野崎将太)。KOPPAにとっては初となる展覧会で、早くも次の展開が訪れることになった。それも、オリジナルのKOPPAとは形を変えた展示什器「旅するKOPPA」が生まれることになる。


井出
その時のしょーきちさんのインパクトがすごくて!「買えますか?」って話に、「自分、大工なんですけどっ!」って話が噛み合わなくて(笑)。それで伊藤さんを経由することになったんだけど、一言目に「できます」、それも「最適化できます」とおっしゃってくれて。

リタ
そのまま購入しようと思っていたのに、その言葉を聞いたら欲が出てきてしまった。奥行きがもっとほしいとか、スーツケースで移動するために軽くしてほしいとか、私たちの展示に合うようにいろいろお願いをしてしまいましたね。

伊藤
重量が一番のネックでしたね。スーツケースに入る大きさというのも大変でした。スケジュールも短くて……。でも、勢いで進めるところがあるチームだから、なんとかなるだろうと。ビジネスのためというよりは、どれだけ自分たちが楽しめるかというのがモチベーションになっています。制約や条件をいかに前向きな方向に解釈して楽しんでいけるかという。だから、「旅するKOPPA」も短納期かつ機動性という面白い条件に出会わせてもらったという感じがありました。

土中
自分たちが面白がって作ったものをよい方向に拡大解釈してくださって、それがすごく嬉しかったですね。展示後も細々と続けていけたらいいね、とチームで話していたのですが、もう次の展開きた!みたいな感じでした(笑)

野崎
もともとKOPPAは、楽しみながら、どう無駄をなくしていけるか、違和感を取り除いていけるかというところからスタートしているんです。実際に僕たちがごみを捨てずに活用してプロダクトに変換したという事実はあるけど、建築家と不動産屋と僕たち大工とバーテンダーが一緒に何かをしたということと、井出さんとお会いして、僕たちが普段出会わない会社とプロジェクトを開発したということがすごく面白かったです。


s   s

2.もう、壊さなくていい/「旅するKOPPA」の物語 につづく

 

 

KOPPAチームプロフィール

s   s   s

伊藤維(維さん)

建築家。伊藤維建築設計事務所代表。建築設計を手掛けながら、スイス連邦工科大やアメリカなどで大学教育に携わってきた。都市や建築から家具、インテリアまでシームレスに取り組みたいと、自身の活動の延長としてKOPPAを始めた。

 

土中萌(萌ちゃん)

KOPPAチームの企画担当。設計事務所「Arts&Crafts」所属。大阪R不動産の店長でもあり、仲介やリノベ―ション企画、広報などを担当。萌ちゃんの幅広いつながりによりKOPPAメンバーが集まった。

 

野崎将太(しょーきちさん)

大工でアーティスト。内装から芸術イベントの造作や設営まで、さまざまな作ることに携わる。建築集団 “々” 主宰。前田文化(※)のメンバーとして、建物の解体をしながらパフォーマンスを行う活動も。萌ちゃんの紹介で維さんに出会い、KOPPAでは制作を担当。
※大阪府茨木市にある文化住宅を利用した様々な活用方法の提案と実践を行う。


  s   s  
 

上村一暁(上ちゃん)

昼大工、夜バーテンダー。しょーきちさんと一緒に現場に出るなかで、木を切ったり、つないだりができるようになり、KOPPAメンバーに。上ちゃんが店主を務めるお初天神のバー「inspire」は、萌ちゃんのかつての同僚いきつけのお店。

 

大木脩(脩くん)

合同会社生活工学研究所代表。生活の研究者。大工。しょーきちさんとのつながりでKOPPAメンバーに。インタビュー当日は現場仕事のため、参加はかなわず。

 

プロジェクト一覧

s

私たちの灯りー秋山でのひととき/山本高廣

私たちの取り組みで大切にしている「灯り」をテーマに、チームメンバー(社員)を対象にしたアートコンテストを開催しました。チームメンバーによる投票で選ばれた三作品を紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

ステイホーム期間中に小学生向けオンラインお絵描き教室を開催

新型コロナウィルス感染拡大防止のため、外出自粛をしていた子どもたちに何か楽しい時間を提供したい。FC KAZOとイラストレーター・すいいろさんと共に、小学生を対象としたオンラインお絵描き教室を開催しました。

詳細はこちら ::before ::after

サッカーを通じたワコムの新たな取り組み

FC KAZOと共にチームと地域を育てたい。ワコムは埼玉県加須市のフットボールクラブ「FC KAZO」のオフィシャルパートナーとして活動を支援しています。

詳細はこちら ::before ::after

私たちの灯り-"The spark is in you! Mirror portraits during times of isolation" by Oliver Madlener

私たちの取り組みで大切にしている「灯り」をテーマに、チームメンバー(社員)を対象にしたアートコンテストを開催しました。チームメンバーによる投票で選ばれた三作品を紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

休校中の子どもたちにオンライン・スケッチノーティング講座

新型コロナウイルス感染拡大防止による休校中の子どもたちを対象に、ドイツのチームメンバーがオンラインワークショップ「Young Wacom」を開催しました。

詳細はこちら ::before ::after

3.KOPPAのはじまり/
「旅するKOPPA」の物語

KOPPAのはじまりは2019年4月。伊藤さんの展示制作がきっかけでした。展示後も「また誰かに使ってもらえるものにしたい。」KOPPAに込められた思いをお聞きしました。

詳細はこちら ::before ::after

2.もう、壊さなくていい/
「旅するKOPPA」の物語

自分たちで組み立てて、広げて、しまって、また一緒に旅に出る。壊すのが当たり前であった展示什器の在り方を大きく変えた「旅するKOPPA」が誕生しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

1.KOPPAとの出会い/
「旅するKOPPA」の物語

建築現場の端材を活かせないかと、建築家の伊藤維さんの呼びかけで生まれた家具「KOPPA」。ワコムとの出会いは小さな偶然がきっかけでした。

詳細はこちら ::before ::after

カスタマーサポートを通じてアーティストの「人生」を応援したい

アメリカでカスタマーオペレーションを担当するアレックス・ダフィーは、アーティストを支援する新たなプログラムを立ち上げました。このプログラムを立ち上げるきっかけとなったアーティストのデボン・ブラッグ氏との物語について、アレックスに聞きました。

詳細はこちら ::before ::after

ありがとうのページ

私たちの毎日を支えてくださっている「誰か」へ、ありがとうの気持ちを届けたい。チームメンバーから寄せられたメッセージです。

詳細はこちら ::before ::after

私たちの灯り-“That Spark Inside”
by Simone Wolters

私たちの取り組みで大切にしている「灯り」をテーマにアートコンテストを開催しました。作品を通して、チームメンバーが大切にしている心の灯りの存在を紹介します。

詳細はこちら ::before ::after

s

未来のエンジニアたちにマーケティングの講義

東京工業高等専門学校で技術者を目指す学生を対象にマーケティングの講義を行いました。

詳細はこちら ::before ::after

s

一台に最後まで責任を持つ
セールス担当の取り組み

高校生のデジタルコンテンツ制作支援のため、倉庫に眠るペンタブレットを高校のクラブ活動や学校対抗のコンテストの副賞として毎年贈呈しています。

詳細はこちら ::before ::after

未来の教育を考える
ライフロングインク×AI

学習中の視線データとペンの動きから、生徒個人の学習特性を明らかにし、個人に合わせた学習環境を提供する「教育向けAIインク」を開発しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

授業をもっと楽しく、クリエイティブに
Wacom Intuosを学校に導入

ブルガリアで働くソフトウエアデザイナー、ヨアナ・シメノヴァは、子どもたちのITクラスをもっと楽しくしたいとWacom Intuosを学校に導入しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

絵本『フェミニズムはみんなのため』を出版

アメリカのUXデザイナー、エリザベス・ローズは、平等なジェンダーの社会の実現を目指し、フェミニズムに関する絵本『フェミニズムはみんなのため』を制作・出版しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

授業をもっと楽しく、クリエイティブに
Wacom Intuosを学校に導入

ブルガリアで働くソフトウエアデザイナー、ヨアナ・シメノヴァは、子どもたちのITクラスをもっと楽しくしたいとWacom Intuosを学校に導入しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

絵本『フェミニズムはみんなのため』を出版

アメリカのUXデザイナー、エリザベス・ローズは、平等なジェンダーの社会の実現を目指し、フェミニズムに関する絵本『フェミニズムはみんなのため』を制作・出版しました。

詳細はこちら ::before ::after

未来の教育を考える
ライフロングインク×AI

学習中の視線データとペンの動きから、生徒個人の学習特性を明らかにし、個人に合わせた学習環境を提供する「教育向けAIインク」を開発しました。

詳細はこちら ::before ::after

s

一台に最後まで責任を持つ
セールス担当の取り組み

高校生のデジタルコンテンツ制作支援のため、倉庫に眠るペンタブレットを高校のクラブ活動や学校対抗のコンテストの副賞として毎年贈呈しています。

詳細はこちら ::before ::after

サステナビリティに関連した当社の規範、
方針、体制等

詳細はこちら ::before ::after

Back to top
A+ A-
サポート